Home Wordpress            

 

 

macOS Mojave Server10.14.6に

MySQL,

Wordpessを

macOSMojave10.14.6 にMysqlはなく、Appleとしても今後macOSにServer機能を付加しないと言っています。

macOSXのServer機能を用いてWebを個人的に開設してきたものにとっては、大変痛手です。Webをhtmlのみで記述して行うのであるならばドキュメントルートの開設で解決します。しかしWordpressを用いたホームペイジの開設には、MySQL,Wordpreeのインストールを始め、Apache,PHP,phpMyAdminなど、さらにターミナル、Hostなどの知識も必要になってきます。

Webで勉強した macOSMojave10.14.6 にMysql,Woedpreesのインスツールの過程をメモしておきます。

   

macOS10.14.6の機能確認

 

macOS10.14.6にはApache2.4.34,PHP7.1.33はすでに付属しています。

ターミナルで $ httpd -v とコマンドするとApache/2.4.34が返ってきます。

Apacheサーバーの

起動, $ sudo apahectl start

停止, $ sudo apahectl stop

再起動, $ sudo apahectl restart

です。

 

起動している時に、プラウザーで

http://localhost とアクセスすれば

It works!と表示されま

   

ThinkerToolを利用

 

ThinkerTool開発元か

ここでダウンロードしてください

  macOS10.14に適合するのはTinkerTool 7
 

 

ThinkerToolの一番上にチェックを入れ

右下をクリックします。

mysqlがインストールされている場所は通常では見ることができません。

ThinkerToolで隠しファイルを可視ファイルの

状態にして作業することとします。

安易にファイルをクリックしないこと

    Sitesの作成
   

macOS10.14がServer仕様でないので、Document Rootを作ります。Mac には 2 つのドキュメント ルート/Library/WebServer/Documents/があります。 1 つはシステム レベルで、

もう 1 つはユーザー レベル/Users/****/Sitesです。

今回は/Users/****/Sitesが公開するルートになります。

****はMacを立ち上げる時に貴方が設定した

管理者の名前です。

 

以後macのターミナルを使用するか、エディターを使って、ファイルの編集が増えます。

ファイルの属性もあるので、できる限りターミナルを使ってください。

****$ はターミナルを用いてコマンドを入れるプロンプトの印です、

   

$ cd

$ mkdir Sites

公開される場所は

/Users/****/Sites です。

    ****.confの編集
  <Directory "/Users/****/Sites/">
AllowOverride All
Options Indexes MultiViews FollowSymLinks
Require all granted
</Directory>

$ cd /etc/apache2/users/

$ sudo vi ****.conf

リターンキー,password,リターンキー

 i キーを押して編集モードになります。

左の内容を書き込みます。

****の部分は管理者の名前です。

ESCキー,:wqを押して、Enterを押します。

 

$ ls -la

リターンキーでファイルの権限を調べます。

****.conf は644にしてください。念の為に

$ sudo chmod 644 ****.conf

としておきます。

   

httpd.confの編集

   

$ cd /etc/apache2/

$ sudo cp httpd.conf httpd.conf.backup

$ sudo vi httpd.conf

ターミナルの中でviエディターが稼働してます。

 

77行目  #を削除します。

 

83行目  #を削除します。

  108行目  #を削除します。
 

174行目  #を削除します。

176行目  #を削除します。

  511行目  #を削除します。
  221行目  #を削除します。
 

245行目  #を付加します。

246行目  #を付加します。

 

247行目〜255行目 

DocumentRoot "/Users/yusufshakeel/Sites/" 
<Directory "/Users/yusufshakeel/Sites/">     
  Options FollowSymLinks Multiviews     
  MultiviewsMatch Any     
  AllowOverride All     
  Require all granted 
</Directory>

と書き加えます。


266,267,274,279行目に#を付加します。
280行目あたりの</Directory>にも#を付加します。

 

 

   

編集が終われば、ESCキーを押して

編集モードを終わり、

:wqの3個のキーを押して、

Enterキーを押して保存します。

    httpd-userdir.confの編集
   

$ cd /etc/apache2/extra/

$ sudo cp httpd-userdir.conf httpd-userdir.conf.backup

$ sudo vi httpd-userdir.conf

ターミナルの中でviエディターが稼働してます。

macのmiエディターで編集したも良いですよ。

 

16行目 #を削除します。

保存します。desktopで編集した時は/etc/apache2/extra/ここに戻してください。

   

今までの編集を確認します。ターミナルで

$ sudo apachectl configtest

リターンキーを押すと 

Syntax OK と表示されると正常です。

   

再度httpd.confの編集

   

$ cd /etc/apache2/

$ sudo vi httpd.conf

 

177行目  #を削除します。

   

$ sudo apachectl restart

apacheを稼働させておきます。

   

PHPの確認

   

$ touch ~/Sites/index.php

リターンでindex.phpファイルが作成されます。

   

ファイルの内容はないので、エディターで

<?php

phpinfo();

と書き込んで、保存します。

 

ブラウザーで 

http://localhost

とアクセスします。左記のように表示されればOKです。PHPのバージョンが判ります。

   

 

    MySQLをインストール
 

オラクルのアhttp://www-jp.mysql.com/downloads/mysql/

ここにアクセスし

Archivesをクリックし、

macOS10.14に適合するものを

今回は

mySQL8.0.12を使います

 

Mac OS X ver. 10.14(x86, 64-bit), DMG Archive

(mysql-8.0.18-macos10.14-x86_64.dmg)

をダウンロードします。

アカウントを取得する為に

E-mail,Passworを求められます。

 

ダウンロードしたものを解凍すると、

パッケージ1つ、があります。

クリックしてインストールします。

 

インストール開始

 

あなたのシステムにMySQLをインストールします。

 

フリーのソフトです。

 

使用許諾契約に同意します。

 

インストールします。

 

貴方のシステム管理者としての許可をします。

 

新しい方式か、従来の方式か選択する時、

従来の方式を選択してください。

 

インストールの最後にパスワードを入力しますが、

password は英数字8文字以上を入力してください。メモは取っておくこと

 

 

貴方のシステム管理者としての許可。

 

インストール完了

    MySQLの作動確認
 

インストールが終了すれば

システム環境設定で確認するために、

左記のアイコンをクリックします。

     
  Stop MySQL Server
     
  Start MySQL Server
     
     
    my.cnfを編集
   

/usr/local/mysql/support-files/my-???.cnf を編集したいのですが、mysql-8.0.18にはmy.confの見本が入っていませんでした。そこで旧バージョンmysql-5.6.24のmy.cnfを用いて編集します。旧バージョンのmy.cnfでも巧く行く場合が有ります。

Desk topにmy.cnfを,これをエディターで編集しますが,ターミナルを用いて編集もできるが習熟していないとできません。miテキストエディターで編集します。

 

38行目あたり、

character-set-server=utf8

追記

83行目あたり

default-character-set=utf8

追記

 

エディターでmy.cnf を保存する時文字セットは UTF-8 とすること、Disktop上の「my.cnf」を/etc

ディレクトリーにコピーする為にターミナルで

$ sudo cp ~/Desktop/my.cnf  /etc/my.cnf

とします。

パスワードを求められたら、そのMacの管理者のパスワードを入れます。

ファイルを戻すのにコピペでコピーしても良い。

    再度 MySQLの作動確認
  ここ

MySQLを再起動するため「システム環境設定」の

「MySQL」をクリックし「MySQL」

を起動している状態にします。

名前、バスワードはそのMacの管理者の

パスワードを入れます。

    「MySQL」のパスワードを設定する
 

ターミナルを用いて、旧バージョンでは

「MySQL」を用いるときに必要なpasswordを設定しましたが、8.0.12ではインストールの最後に設定済みです。

 

   

$ /usr/local/mysql/bin/mysqladmin reload -u root -p

再読み込みをします。

passwordをもとめられるので、先ほどの メモを取たpassword を入れて、

エラーが出なければ、password設定に成功しています。

    「php.ini」を編集
  ここ

「php.ini」を編集するのですが当初php.iniがないので、

php.ini-defaultをコピーして、利用します。

MySQLを持たないバージョンアップ(Mavericks,Yosemite,Mojave)の場合この「php.ini」フアイルが初期化されてしまって、個人がインストールしたMySQLに接続出来なく成ってしまっています。

 

$ sudo cp /etc/php.ini.default  /etc/php.ini

見えている場所からDesktopにドラックコピーして

miエディターで編集しても良いいでしょう。

   

$ sudo nano /etc/php.ini

ターミナルコマンドで左記のようにコマンドすると、

「nano」と言うエディターがターミナルの

中で動くので、ここで編集する方法も有ります。

編集が拒否されるときはパーミションを変更してください。

     
 

1170(1231)行目当たり

;を付けて

;mysql.default_socket =

/var/mysql/mysql.sock

を無効にし

mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock

を追記

 

1174(1290)行目当たり

;を付けて

;mysqli.default_socket = /var/mysql/mysql.sock

無効にし

mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock

を追記する。

ソケットを変更することになる。

 

下記3行の値が小さいと、Dataを移行させるときに支障が出るので、変更しておくと良い。

値は8でもいいが64でも128でも良いでしょう。

404行目当たりを memory_limit =128M に

 

671行目当たりを post_max_size = 128M に

   

824行目当たりをupload_max_filesize = 128M 

に変更します。

 

「php.ini」はここに/etc/php.ini戻します。

上書きすることとなります。

以上で「MySQL」、「PHP」は稼働します。

 

できる限り、macを再稼働させてください。

     
    phpmyadmin
 

「phpmyadmin」をインストールし、見ながら操作できる方が便利であり、WordPressなどのインストールが優しくなります。

www.phpmyadmin.net/home_page/index.php

にアクセスし「phpMyAdmin5.1.0」をダウンロードします。

「phpmyAdmin-5.1.0-all-languages」の名前を

「phpmyadmin」に変更し、

 

 

OSX 10.14.6でSitesルートを作ったその中に置きます。

    「config.inc.php」を編集
   

config.sample.inc.phpをDisktopにコピーするために、ターミナルで下記のようにコマンドして、

$ cp /Users/****/Sites/phpmyadmin

/config.sample.inc.php Desktop/config.inc.php

もしくはコピペでDisktopにコピーします。

 

「config.inc.php」をエディターで編集ます。

17行目あたり'  'の中に何でもいいから英数字32文字を記入します。

32文字以上記入しておくとエラーが1つ減ります。

 

     
 

45行目あたりから64行目あたりの20行の先頭の「//」を削除します。

phpMyAdmin Ver5.1.0は45〜62行の18行に変わっています。

ファイルを保存するとき、文字モージは UTF-8 として保存します。

このファイルを

/Users/****/Sites/phpmyadmin/

ここに戻します。

バスワードはこのMacの管理者パスワード。

    phpmyadminにアクセス
 

 

Max OSX 10.14.6までは下記4通りが同じ

アクセスポイントにアクセスしましたが、

http://localhost/phpmyadmin/

http://127.0.0.1/phpmyadmin/  

http://ローカルランTCP-IP/phpmyadmin/

http://取得してドメイン/phpmyadmin/

にアクセスできるようにする為には/Users/****/Sites/phpmyadmin/に置きます。

ユーザー名は  root

パスワードは   

「パスワードは、先にメモを取ったもの

 

enterキーを押してエラーが出ずに接続されていればOKです。

大抵は接続すらできない場合があります。今までの作業に誤りがないか確認してください。

接続されると、左記のようになりますが、下の方に付随するエラーが表示されます。

    エラーの対処方法
 

エラーの表示

1.環境保管領域が完全に設定されていないため 、

2.パスフレーズ(blowfish_secret)が短すぎます。

3.(/Users/****/Sites/phpmyadmin/tmp/)にアクセスできません。

   

1エラーはエラー文の中の「こちら」をクリックしてください。

 

2エラーは/Users/admin/Sites/phpmyadmin/の中のconfig.inc.phpファイルの' 'に先のように32文字以上の英数字を書き込んでください。

   
3エラーは/Users/****/Sites/phpmyadmin/の中にtmpファイルを作ってください。ファイル権限は755です。
 

ユーザーアカウントのページに入り、

Wordpressで用いるユーザー名と

ログインパスワードを設定します、

ホスト名はlocalhostとしてください。

 

 

データーベースのページに入り

新しいデーターベスを作成します。

データーベース名は何でもいいですが、wordpress とします。

このデーターペース名が

/wordpress/wp-config.php

の中に反映されます。

    Wordpressを設定
 

https://ja.wordpress.org/download/

ここにアクセスし、ダウンロードしてインストール

をクリックします。そして

Wordpress5.7.2をダウンロードしてください。

ダウンロードした物を、ホルダー「wordpress 」として/ユーザー/****/Sites/にいれてください。

phpmyadminと同じホルダーないです。

 

 

ブラウザーで

http://localhost/wordpress/

http://127.0.0.1/wordpress/  

http://ローカルランTCP-IP/wordpress/

http://取得したドメイン/wordpress/

アクセスしてください。

 

データーベース名は

phpmyacminで設定したデーターベース名

ユーザー名は任意の名前

パスワードは任意のパスワード

データーベースのホスト名はlocalhost

テーブル接頭辞はWp- そのまま

送信します。

 

wp-config.phpに左図の枠内の内容を書き込むのですが、貴方が、コピーし、

/ユーザー/****/Sites/wordpress/の中の

wp-config.phpの中に、総入れ替えをしてください。

 

  一旦Desktopに出して、編集後、元の場所に戻しても構いません。
 

改めて、ブラウザーで

http://localhost/wordpress/

http://127.0.0.1/wordpress/  

http://ローカルランTCP-IP/wordpress/

http://取得したドメイン/wordpress/

アクセスしてください。

 

サイトのタイトルは任意

ユーザー名は先ほどのユーザー名

パスワードは先ほどのパスワード

メールアドレスは任意

 

http://localhost/wordpress/

http://127.0.0.1/wordpress/  

http://ローカルランTCP-IP/wordpress/

http://取得したドメイン/wordpress/

の4通りのアクセスが可能になるように

設定します。

 

サイトのタイトルは先ほどのタイトル

キャッチフレーズは任意

wordpressのアドレスはlocalhost部分を

取得したドメイン に

サイトアドレスはlocalhost部分むを

取得したドメイン にしてください。

 

ブラグインは任意ですが、

all-in-one-wp-migration

classic-editor

は便利ですよ。お勧めします。

 

ブラグインは左記にいれます。

 

余談ですが。

all-in-one-wp-migration

はブラグインエディターで編集すると

7GBまで転送することが、可能でした。

 

 

All-in-One WP Migration を選択し

constants.phpを編集します。

 

10を14にします。

 

 

7GB

 

all-in-one-wp-migrationで

ExportしたData を新バージョンのWordpressのImportで読ませると、Dataの移設は完了します。

すでに旧バージョンをお使いの方は、旧バージョンでアップロードした、画像などをそのまま、

新バージョンの場所に移設してください。

   

 

    Back