titol
Home Wordpress    
多段撮影の考察 撮影条件:Nikon D90,AF-SMICRO NIKKOR105mm,水平スライド7.2゜垂直スライド10.5゜水平約210゜
5段撮影の難しさ。時間差による天空の色変化・天空が間延びし横の広がりが消される。
カメラ2台で、2段を2回撮影し4段とする。少し広がりが感じられる。
カメラ3台同時撮影の3段撮影。天空が少し間延びしている。天空を少しカットする方がよい。
カメラ2台同時撮影の2段撮影。広がりは十分だが市街地が欠ける。
カメラ2台同時撮影の2段撮影。撮影中心を下げる
カメラ3台同時撮影が理想的構図に成ると思うが、同じカメラ・レンズを3台所有する余裕がない。

カメラ2台同時撮影で、俯角を少し下げて撮影しても似た構図に成るが少し物足りない。

カメラ2台で3段撮影の様に見せるには、上2段を同時撮影し、最下段はそれほど色変化しないので、下1段撮影追加すればよい。

夜景の場合、天空に青みが残るのは10゜程度なので15゜ほどの撮影にとどめる方が奇麗。市街地の明かりがない山裾はほとんど黒に成るので多くを撮影しない方が構図がよくなる。

夜景の検討
実撮影は4段。最下段1段は黒を追加。最上段に月が有るが最上段は黒と同じ。 Back
実撮影。最上段は時間経過とともにほとんど黒に成る。2段目でもグラディレーションが難しい。
水平撮影を済まし5分後にその上を撮影し、最上段は10分後、水平の下は15分後。時間と追っかけこです。
Back