カテゴリー
Panorama Point

なかみ山-荒地山-岩梯子

芦有の芦屋ゲートから黒越谷へ入り、荒地山西のなかみ山から荒地山に行き、岩梯子に再度行きました。途中案内板が欲しいところが有りました。ここから引き返し雨ヶ峠-風吹岩の本道へ行くと、湿原の南端で本道に着きました。ここから横池を経由したのですが、池の南道を通ったつもりが、池の渕を歩きすぎて、展望の良い場所を見つけ損ないました。その上、打越峠に行くつもりが、七兵衛山の東に出てしまい、地図にない道に翻弄されました。

その上甲南大学への道が見つからず、1月31日に下山した道に合流するはめとなりました。しかしなかみ山の撮影ポイントは、六甲山系を展望する良いポイントでした。



下記画像をクリックしてください。

カテゴリー
Panorama Point

東お多福山-雨ヶ峠-風吹山-高座の滝

芦有道路の東お多福山登山口までバスで行き、東お多福山-雨ヶ峠-風吹山-高座の滝を歩いた。東お多福山は笹が邪魔してうまく撮影できない。少し南の第二ピークあたりは、北西の六甲山系がよく見える。風吹岩はやはり高圧線が邪魔していた。高座の滝への下りはロックガーデンの名にふさわしく岩だらけ。高座の滝から阪急芦屋川駅までは舗装路なのでよけいに疲れました。

カテゴリー
Panorama Point

城山-岩梯子-荒地山

今日は東六甲のロックガーデンへ行くことにした。眺望としては城山から尾根を登るコースが一番良いと思い、また岩梯子は下り方向が危険と有ったので登ることとした。しかしキツかった。三脚とカメラでリックが肩に食い込んできた。電動を持って行くのはほぼ不可能。帰りは芦有道路の芦屋ゲートへ降りて阪急バスに乗ってJR芦屋に出た。次回は芦屋ケートに駐車(¥500)して裏から登る方か少しは楽でしょう。裏から登るにしても取り付きは凄くキツい道です。撮影のポイントは岩梯子を登り切ったところが一番良いでしょう。眺望は西宮尼崎から神戸の東端まで見え、六甲ガーデンテラスの南側あたりも見えます。山の景色が7割り方になり少し残念です。

東経135゜17’1.9″  北緯34゜45’7.9″ 海抜 490.00m

12日に、 西側の風吹岩から岩梯子を撮影した、中央上の1本松の下あたりの大きな岩その東が10日の撮影ポイント。下記画像をクリックしてください。

カテゴリー
Panorama Point Tool

六甲山系パノラマ撮影ポイント

ここ数年、取り付かれたように六甲山系を探索している。まだ探索できていない山も有りますが、中間として「Map」に纏めた。Htmlやxmlのスキルが有れば、Web上でレイヤの化して必要なデーターを選択表示できるのですが、今はまだ出来ません、だからすべて重なって表示されてしまいます。下記画像をクリックしてください。

カテゴリー
Panorama Point

石切道-打越山-七兵衛山

今日は山歩きによい天気と思い、用意して出かけた。早く出ても六甲ケープルは良いが山頂のバスは9時35分しかない。山頂駅で25分待って、バスで高山植物園のバス停まで乗って行った。ここから歩いてみよし観音の少し北にある石切道の取り付きから行った。いつも登山でなく下山ばかりですが、六甲山系の南側から登る道はどれも大変そうです。でも私は割り切っていつも下山です。打越山の西に六甲山の山並みを展望する良い場所が有りました。また、途中で出会った上松さんが「七兵衛山」も良いですよとのことであり、迂回して登った。六甲山系の眺望の良い場所を求めて六甲山を徘徊しているが、なかなか、良いところが見つからない、久しぶりに良いところに出会った感がありました。

カテゴリー
Panorama Point

西お多福山から五助ダム


今日は朝から東が朝焼けで、天候も快晴に近いと思い、山へ行くこととした。六甲ケーブル9時30分に乗れました、山上では「氷の祭典」をしているのでバスも臨時が出ていたのでガーデンテラスまですくに行けました。ここから私の足しか頼れません。今週はじめの雪や昨日の雪で山上は10cmくらい積もっています。

しかし南斜面は標高が少し下がるとほとんど消えかけていました。

しかしアイゼンは用意すべきでしたがまだ買っていません。帰りに買うことにしました。


五助ダムまでは快適な登山道です。植生も変化が有り、楽しく下ってきました。川筋に行くと雪解け水なのかとてもきれいな水でした。

五助ダムの案内板に私の歩いた経路を入れてみました。住吉川のダムの多いことにビックリです。

西お多福山の南から 

五助ダム

住吉川(白鶴美術館前)

カテゴリー
Panorama Point Tool

電子国土ポータルの利用3

電子国土ポータルを利用して神戸市から宝塚市までの六甲縦走路を1枚の地図で記録するための用意としての地図を作った。

地図のキャプチャ1020枚をPhotoshopで510枚に加工し、510枚のレイヤーに載せた。

これをベースに1枚の地図を作り、須磨から宝塚市塩尾寺まで1枚で見れる地図にした。此れに六甲縦走路を深緑で薄く書き込み、赤点で私が踏査した道を書き込んだ。ついでに撮影ポイントも入れた。各にある登山会の記帳所を見つけたものも書き込む予定です。パノラマの水平視角は私が撮影でカメラを振ったおおよその角度です。

薄緑の線は今後行ってみようかなと思っているコースです。

カテゴリー
Panorama Point Tool

電子国土ポータルを利用2

先に実験した電子国土ポータルはあまりにも重たすぎた。Mac版のブラグインはないので、地図をキャプチャーして、それをベースにすることとした。電子国土WebNEXTをキャブ茶するために、iMac27の画面全体を利用すると2万5000分の1の地図を1/5,000で表示させると、経度が2分,緯度が55秒程度表示できるが、間違いを減らすためにも、経度2分,緯度45秒でキャブチャーすることとした。神戸市全体で182枚のキャプチャーでした。これょステッチし、Krpanoで表示するときにスケールをあわせるために、1/5,000表示は1.116倍、1/2,500表示は2.232倍にして見えるように設定した。

画像をクリックすると1/5,000が表示されます。

 1/2,500はここをクリックしてください。

カテゴリー
Panorama Point Tool

電子国土ポータルを利用

電子国土ポータルを利用して、調査内容を記録してみた、

六甲全山縦走路は基本線として入れておきます。

実験としてやってみたが、ものすごく不安定で、1つや2つのデーターは読むが、データー量が増えると、読まずに行ってしまいます。六甲全山縦走路を入れたまでは良かったが、追加しだすと、なかなか読んでくれない。元々Window仕様で公開しているので(プラグイン版は読み込むファイルも大きくなる)Macは相性が悪いかもと思い(Mac版のプラグインはない)Windowで読ましたが、此れまた、プラグインなしは凄く遅い。

Webページとして導入するには考えものです。地図をカットして地図情報ペースは確かな精度が有るので使えます。

カテゴリー
Panorama Point

長峰山(天狗塚)

今日は一昨日の雪が残っている可能性があり、また午後から寒気が近畿中部まで降りてきそうである。防寒着を余分に入れて、食料も何時もの倍もって、三脚を持たず、カメラ1台のみの視察にした。長峰山の天狗塚は360゜の眺望は有るが3本の松の木が少し邪魔をしている。

新神戸ロープウエー山頂駅9時45分〜摩耶山11時30分〜長峰山13時〜篠原伯母野山14時 少しきつかった。


アゴニー坂のあたりは一昨日の雪が残っていた。