カテゴリー
Theory & Methods

WordPress PluginGoogle Language Translator

WordPress PluginGoogle Language Translatorの設定方法が「Meta One」

http://netaone.com/wp/google-language-translator/#i-3

紹介されていたのでメモっておきます。

glt_img02

カテゴリー
Theory & Methods

MacOSX Maveriks Server+MySQL+WordPress

MacOSX10.8.4からOSXのバージョンアップを行うと、MySQLやWordpressの連携が壊れました。これを修復すれば良いのですが、この際、各ソフトのVersionUpも兼ねて、各ソフトを入れ直しました。

この1週間Systemの変更にめどを付けるべく、頑張りました。

MacOSX10.8.4Server2.1.1———>MacOSX10.9.2Server3.1.1

MySQL5.6.12—————————->MySQL5.6.16

PHP5.3.15——————————–>PHP5.4.24

phpMyAdmin4.0.1.1—————–>phpMyAdmin4.1.11

Apach2.2———————————->Apache2.2.26

WordPress3.3.1————————>Wordpress3.8.1

10.9.2

MySQLとphpMyAdminのインストールWordPressの設定も以前とほぼ同じなのです。丁寧に間違わないよう設定すれば成功するでしょう。

 

カテゴリー
network Theory & Methods

WordPress3.5.2

WordPress3.5.2をMacOSX10.8.4 Moutain Lion Serverにインストールしました。前回行ったのはMacOSX10.6からMacOSX10.7.4の環境で構成したいたものをすべてバージョンアップした環境にし、試してみました。

PHP5.3.15,

Apache2.2,

phpMyAdmin4.0.4.1,

mySQL5.6.12,

WordPress3.52

 

各種設定は以前と同じなのです。丁寧に間違わないよう設定すれば成功するでしょう。しかしながら、キャッチアッブ画像の機能が不能に成り手作業のアップは出来ても本来のアップロード機能の様には出来ませんでした。

カテゴリー
network Theory & Methods

MacOSX10.8.4 Moutain Lion Server への問題

現在MacOSX10.7.4Lion Server でWordpress 3.3.1を下記環境下で動かしています。

この環境のまま、MacOSX10.8.4にversionUpし、Mountain Lion Serverを入れると、Wordpressの画像Upの機能に不具合が生じた。

WebのDataが700GB近く有り移行に26時間かかった。もう一度やり直すためWeb-Dataを退避させて、MacOSX10.8Mountain Lionを上書きし、10.8のServerで設定を掛けたら、それぞれ1時間程度で、上書きしてくれた。おまけにWordPressの構造はそのままで稼働しています。ここに退避させていたWeb-Dataを戻しました。Data移行を完了しMacOSX 10.8.4 Mountain Lion Serverで運用を開始します。

500近い投稿および画像のリンクがうまく移行出来るか。出来ました。

カテゴリー
Theory & Methods

偏光フィルター

久しぶりに、偏光フィルターを使ってみた。
カメラ:NikonD800E,レンズ:AF-S Micro NIKKOR105mm1:2.8GED,絞り:11,シャッター:1/125秒,ISO:200,ピクチャーコントロール:ニュートラル,アクティプDライテング:弱め,ホワイトバランス:晴天,偏光フィルター有り。現像時+2/3E補正,3段×19枚=57枚,水平193度,垂直46度。


この表示では建物の水平ラインが湾曲するが、球体表示すると直線に見える。

カメラ:NikonD800E,レンズ:AF-S Micro NIKKOR105mm1:2.8GED,絞り:11,シャッター:1/500秒,ISO:200,ピクチャーコントロール:ニュートラル,アクティプDライテング:弱め,ホワイトバランス:晴天,偏光フィルターなし。現像時+2/3E補正,3段×19枚=57枚,水平193度,垂直46度。

カメラ:NikonD800E,レンズ:AF-S Micro NIKKOR105mm1:2.8GED,絞り:11,シャッター:1/500秒,ISO:200,ピクチャーコントロール:スタンダード,アクティプDライテング:弱め,ホワイトバランス:晴天,偏光フィルターなし。現像時+2/3E補正,3段×19枚=57枚,水平193度,垂直46度。

カテゴリー
Theory & Methods Tool

CaptuerNX2 Picture Control

パノラマを撮影するときにとても困ることがある。それはホーカスにしろシャッタースピードにしろ絞りにしろ、どの位置での設定が、良い画像を撮影するのに適しているか、決めがたいことです。水平画角が広がれば広がる程、逆光になる可能性は避けがたく、幾らダイナミックレインジが良く成ったカメラでも白飛、黒潰れは覚悟しなければならない部分が出てくる。少しでも良い画像を得るためには、Nikonの場合、撮影段階のピクチャーコントロールの設定を少し換えるだけで、画像は良く成る。ここで設定ミスをした場合、CaptuerNX2で現像するときに、 Picture Controlを変更すれば、少しは回復させることができます。下記はPicture Controの再設定したときの画像の比較です。カメラ:NikonD800E,レンズ:AF-S NIKKOR70-200mm1:4GED185mm設定,絞り:11,シャッター:1/400秒,ISO:200,ピクチャーコントロール:風景,アクティプDライテング:弱め,ホワイトバランス:晴天,現像時補正なし,12段×31枚=372枚,水平239度,垂直52度。 下記画像をクリックしてください。
スタンダード
ニュートラル

ビビッド

ポートレート

風景

ニュトラルで撮影(現像)しておけば黒潰れが一番少ない。5枚画像