カテゴリー
panorama

Gigapan EPIC Proで夜景を撮影出来るか

Gigapan EPIC Proで夜景パノラマが撮影出来るかテストしてみた。

機材及び設定は

Gigapan EPIC Pro,Ninon D90,Nikon,AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:28G ED

F/11,1/50秒,ISO640,

Time per Pic=6s

Pre trigger Delay=2.0s

Moter Speed=Slow

Curent FOV=8.6度

この設定で20枚6段を撮影するのに20数分必要でした。 薄暮の撮影はまだ太陽が沈む寸前でしたので、なんとか絵になります。しかし、空が青々と撮影出来る日没後の数分間に撮影出来るのは5分くらいであり、このままでは駄目でした。日没後30分くらいの黒い夜景は露出とシャッタースピードを2秒に変更すれば十分対応出来ます。

この経験から、薄暮の5分程度で、仰角+俯角=30゜程度,180度のパノラマを撮影する場合、レンズを50mmないし60mm程度に変更し、12枚3段ないし4段程度に変更する方が良さそうです。

Zoomfy

カテゴリー
panorama

東から神戸市を眺望するポイントは2

「東から神戸市を眺望するポイントは」を3月30日に書いたが、4月28日に現地に行った。Google Eaethで予測したのとは少しずれが有るが、高度の取り方の差である。実撮影からやはり30km付近は解読出来る鮮明さがでない。20kmが限度のように思えます。

画像をクリックして下さい。

(この画像は復元出来ませんでした。)

 

 

 

カテゴリー
panorama

Gigapan EPIC ProでTest撮影

 

APS-C400mmでテスト撮影をしました。画角の入力はマニュアルに沿って行ったが、Nikon D90のファインダーの視野角95%のため正確に入力出来ていません。テスト撮影で解ったことは、カメラをTiltさせて覚えさせるために、長辺のTopを水平まで下げて覚えさせるのである。ファインダーの小さな画面の中での操作であり誤差は大変大きくなり、あまり正確には設定出来ない。それよりもTopを適当に下げ、その位置をSETし、Topを戻す操作をすると、画角の値がGigapanのメニューパネルに値が自動計算され表示されるので、事前にレンズ画角を調べておき、Tiltの移動を小刻みに作動すれば、確実な数値が入力できます。注:その後この方法が重大な誤りであることが解りました。この方法で撮影した画像でGigapan Sticthで編集すると水平の基準値が固定されてしまい、ステッチ画像がひずんだまま出力されてしまいました。結論としてはやはり現場で確実に水平を認識させ、Pnorama撮影前に画角の設定をする必要が有りそうです。もしくは、水準器で水平を決める。

カテゴリー
panorama

水面に映る桜を求めて

池面に映る桜を撮りたくて、晴れた日に再度、神戸薬科大学に行った。

画像をクリックして下さい。

カテゴリー
panorama

Google Earthを使ってPanoramaの構図を予測

Google Earthを使ってPanoramaの撮影範囲が予測出来ないかやつて見た。現実は樹木などで視界が遮られ思うような範囲を撮影出来ないだろうが。

画像をクリックして下さい。

(この画像は復元出来ませんでした。)

カテゴリー
panorama

東から神戸市を眺望するポイントは

神戸市の眺望を沢山撮影したが、東から眺望するポイントが見つからなかった。GoogleMapを見ていて尼崎市の魚つり公園がいいのではないかと思いつき、検討してみた。