NikonD700でTEST撮影

神戸三宮のNikon専門のカメラ店「アルス」にお願いしてNikonD700+Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm F2.8Dを使わせてもらった。この組み合わせはNikonD200+AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mmF2.8Gと同じ撮影構図が得られると思ったからである。しかしながら、Caputer NX2でバースペクティブ変換すると、NikonD700+Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm F2.8Dの画像には少し歪みが残ってしまいます。NikonD200+AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mmF2.8Gではすっきりと樽型歪みがとれて、奇麗な画像になるのですが、困った事です。

此れくらいの歪みなら、Realviz Stither5.6で吸収はしてくれるのですが、ステッチする画面で、いつもなら長方形かキッチリした台形で重ねる事が出来るのですが、この歪みのため、糸巻き型の画像をステッチする事となってしまいました。NEFすなわちNikonのRaw画像を単純にJPGに変換して、ステッチする方法でステッチすると、シグマ8ももの画像のステッチと同じように、ステッチは出来ます。しかし折角のフルの奇麗な画像で作業したい物です。

もう一つ引っかかったのは、NikonD700+Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm F2.8Dで撮影し、そのままのカメラ設定で、AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mmF2.8Gを付けて撮影すると、1848×2784pixlになってしまいます。(NikonD700+Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm F2.8Dの時は2832×4256)こんなことならなぜフルサイズのカメラにして画素が少なくなり「QTVRの高解像度はどこへ行ったのやら、」NikonD700は欲しいが、ダイナミックレンジのグレードアップのみなら、D300でも良いのかな。

「映像で見る神戸のまちと建築」いよいよ8月になります。

来る来る神戸の素材を用いて「映像で見る神戸のまちと建築」展を「こうべまちづくり会館」で行います。チラシの内容で、「案」がとれました。神戸市の広報紙8月号の催し欄に「映像で見る神戸のまちと建築」として掲載されました。 目玉は「摩耶山・掬星台」の44,325×7,100pixe(375cm×60cm)の大パノラマプリントです. タイトルをクリックすると、当日展示に使う画像のぺージになります.

期間 8月28日(木)〜9月2日(火)午前9時〜午後6時で決まりました。    「QTVRの制作方法」は8月29日(金)午後6時30分〜7時30分               8月30日(土)午後2時〜3時

準備に2ヶ月を掛けてなんとか、写真やパネルを一人で作っていたので大変でした. 小講座 QTVRの制作方法「QTVRの制作へのいざない」として2回開きます.その内容を講座に先立って、公開します.

「QTVRの制作へのいざない」

「映像で見る神戸のまちと建築」

来る来る神戸の素材を用いて「映像で見る神戸のまちと建築」展を「こうべまちづくり会館」で行います。最終決定はもう少し時間が必要ですが、ほぼチラシの内容で、決まると思います。 追伸 8月28日(木)〜9月2日(火)午前9時〜午後6時で決まりました。    「QTVRの制作方法」は8月29日(金)午後6時30分〜7時30分               8月30日(土)午後2時〜3時

「来る来る神戸展」をして見たい。

来る来る神戸の前身を2003年5月にBBSと共に開設して、平成5年9月に「来る来る神戸」とサイト名をつけました。そして6年3月にBlog を開設しました。多くの人にコメントを頂き感謝しています。最近周りの人から、「写真展」をしてはどうかと尋ねられます。QTVRを「Web」で見せる事は何とも思わないのですが、ギャラリーでどう見せるが頭が痛い。

今思っているのはこの一覧からもう一度厳選して、「A4」か「四つ切り」に30から40枚を焼き付け、展示すると共に、サーバーを持ち込んで、「37inchテレビ」と「22inch display」そしてリースの「iBook-24inch」を設営して、OFF-Lineで、自由に見てもらうように設営しようかな、と考えています。また摩耶山からの大阪湾全体のパノラマを3100mm×500mmにブリンとして(25,000円もする。どうしょうかな。)目玉にしたいなと思っています。

神戸の桜

この1年あんまり撮影に出かけなかったので、4月5,6,7と連続3日とも、神戸の桜を追っかけました。 天気はまあまあで青空はなく「花ぐもり」。7日は10時頃から雨でした。今回は三脚に一脚を載せて3mくらいの高さからの撮影をしました。日頃見ているのと少しは雰囲気が違ったものになっています。

intel Mac miniにMacOSXServer10.5を載せ運用開始

intel Mac miniにMacOSXServer10.5を載せ運用開始

移行にあたって、皆様にお詫び申し上げます。実はP-BlogのData移行がなぜか巧く行かず、一つ一つ移しましたが、既投稿コメントのバスワードまて移せていないため、それぞれの方の自由な取り消しが出来ておりませんので、お詫び申し上げます。必要があればBBSでもP-Blogでも結構ですのでお申し付けください。

この際 「Word Press」と「Xoops」も載せました。試行中ですのでご迷惑をかけることもあろうかと思いますが、ご容赦ください。                       管理者 山道正男

 

追記

こちらからアクセスするのと、全く外部からアクセスするのと、何が異なるのか。外部からアクセスしてみたら、エラーが表示された。と言うことは皆様のアクセスの時は、エラーが表示されているのだと、今更ながら、気がついたと、言うことです、何が悪いのか、また悩みます。

画面共有

MacOSX10.5とMacOSX Server10.5をインストールし画面共有を両方のMacから呼び出すと、平行鏡の様に画面が表示されました。MacOSX10.4やMacOSX10.3にはVNCをインストールすれば双方向とは行かなくても、MacOSX10.5を呼び出す事は可能な様です。

QTVR Diary~OFFLINE~ vol.1.1

2007年12月8日16:00~ 二宮さんの「QTVR Diary~OFFLINE」がありました。 初めて、お会いしましたが、気さくな方で、素人の私も楽しい1+3時間を過ごしました。 札幌の高木さんが、来られていました。あこがれの人でしたが、お会い出来て光栄でした。 飛び入りで、大阪のスタジオの山道さん(私と同姓のひとは滅多にお会いしませんのでビックリ)、東京に事務所が有る彼女 それと二宮さんの弟さんの6人で、楽しい時を過ごしました。 彼らは3次会も行った様ですが、私は帰りが遠いので2次会で失礼しました。 皆さん有り難うございました。