カテゴリー
Theory & Methods

横尾山201405

5月7日、朝から日差しは初夏の様な日差しでした。東の空は少し靄っていましたが、西の空はそれほどでもありませんでした。何時も歩く須磨アルプス馬の背に直行し、横尾山の東から三宮方面を観ると、やはりもやっていました。諦めて横尾山西側の啓明学園へ降りる尾根筋にいって、何時もの場所で撮影しました。空がまだらになったのは、シャッターを速く切りすぎて、たびたびカメラブレを起こしていたからだと思っていたが、どうも明確な原因がつかめない、ホワイトバランスがオートになっていたからかもしれません。

keimei20140507-w690

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です