Garmin eTrex30E

「Garmin eTrex30Eを買いました。30Jにするか迷いました。でも3万円程の差があるので、30Eにしました。地図は自前にしたかったのですが、せめて基本地図として入れておく必要も考えて日本語全国地図を入れました。マイクロSD16Gに収まっています。

その後Webで自前地図作成ソフトを買って試してみましたが、「SyncMap」を買ったまでは良いのですが、eTrexの基本ソフトにパツチを当てるとは思いませんでした。eTrex30EのVerは2.9なのに「SyncMap」のパッチでVer2.7にされてしまうため、「SyncMap」での自前ソフトの導入をストップしています。

「Garmin」から「カシミール」へ、「カシミール」から「Garmin」へのデーターのやり取りはスムーズに出来ます。ただWindow が嫌で、Macの「TrailRunner」を使ってみました。「Garmin eTrex30E」から「TrailRunner」へのデーターもスムースに持って行けます。

下記は24日の朝散歩がてらに自転車で行った記録を「TrailRunner」に取り込んだものです。1:スタート地点 2:途中矢印方向に進行 3:スタート地点標高 4:終点標高 5:eTrex30Eのファイル 6:別のファイル


下記は、「カシミール」でウェイポイントを20箇所設定し、「カシミール」上でルートに変換し、それを「Gaemin eTrex30E」に読ませ、さらにこのデーターを「TrailRunner」に読ませたものです。 1:スタート地点 2:途中矢印方向に進行 3:スタート地点標高 4:終点標高 5:eTrex30Eのファイル


「TrailRunner」でウェイポイントを作成し、ルートに変換し、「Garmin eTrex30E」に読ませカシミールに転送出来れば、言うことなしですが、「TrailRunner」にはその機能は有りません。そう言う意味で「カシミール」すばらしいソフトです。

GPXファイルを「LoadMyTracks」でkmlファイには変換出来るので、GoogleEarthにはのせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です