行者山東観峰

六甲山系の東端が宝塚市であり、山脈としては岩倉山です。その南に少し小高い行者山が有り、その東に第二ピークがあります。此れが行者山東観峰です。

3,4月は撮影しても、霞が深く絵になりませんでした。5月になってそろそろ撮影が出来る日がありそうなので、5月2日に行きました。ここは東向きの撮影ですから、午後の太陽光線を期待して現地に12時に着くように行きました。12時から3時頃までは雲が流れて、市街地や山影はシマシマになって、良い構図が期待出来ませんでした。3時過ぎに雲が減ったので、撮影を開始し、雲で影になる所は数回撮影するつもりで撮影し、ステッチのときに、光線が良いピースに入れ替えてステッチシマした。      カメラ:NikonD800E,レンズ:AF-S NIKKOR70-200mm1:4GED180mm設定,絞り:11,シャッター:1/500秒,ISO:200,ピクチャーコントロール:風景,アクティプDライテング:弱め,ホワイトバランス:晴天,5段×45枚=225枚,水平230度,垂直33度

下記画像をクリックしてください。

同じ場所で、105mmで6回撮影しました。5回6回目はズームが少しズレたようです。

カメラ:NikonD800E,レンズ:AF-S NIKKOR70-200mm1:4GED102mm設定,絞り:11,シャッター:1/500秒,ISO:200,ピクチャーコントロール:風景,アクティプDライテング:弱め,ホワイトバランス:晴天,5段×23枚=115枚,水平230度,垂直70度。雲の流れでシマシマになったのですが、5回目、6回目の良いとこ取りをしてステッチしました。

下記画像をクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です