六甲山全山縦走2012

今日は2012年の六甲山全山縦走の日です。雨が心配されていましたが、朝5時時点では、雲もなく、紀伊半島の海岸線の明かりがくっきりと見える、いい天候です。縦走参加者は5時に須磨浦公園をスタートするので、須磨アルプスはおよそ6時頃と予想されますので、家を5時に出て須磨アルプス東山に5時30分頃について、迎え撃つ方向でカメラをセットした。期待通り6時前後に彼らはやってきた。

カメラ:Nikon D800E  ,レンズ:Nikon VR105mm  ,ISO:1,000  ,シャッター:1/15秒,    絞り:F=8、ホワイトバランス:晴天,シャッターディレーモード2秒,3段×18列=54枚190度,ローター;Manfrotto300N,雲台;自家製雲台21号機

下記画像の中央が須磨アルプス馬の背です。画像をクリックして、約100倍に拡大できます。

明くる12日に横尾山から東山まで歩いて、東山が見えるすなわち、ヘッドライトや懐中電灯の明かりが、東山から見えるポイントを調査した。その結果は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です