Cubic&Panorama Soft

CubicやPanorama を製作する過程で、「撮影・現像」、「ステッチ・修正・変換」、「Web Up」各ステップ毎に用いるソフトは異なる。それぞれ、特徴が有り使い分ける方が効率的です。最近は.htmlと.html5の両方に対応できるように整合させるのが大変になっています

通称パノラマと呼ばれているのは「Cylindrical Panorama」で画角が水平180度未満、垂直360度未満です。ここで用いている「全球パノラマ」「部分パノラマ」「パノラマ」はまだ呼び名が確立されてはいませんが、敢えて3分類してみます。

「全球パノラマ」と「部分パノラマ」の違いは撮影画角が180-360度の全天空を撮影した物か、一部の撮影かの違いのみです。しかし、ステッチ後の画像の展開や利用は「全球パノラマ」の方が多彩な表現を持っています。

「パノラマ」は通称一般に言われているパノラマです。此れは撮影が水平画角360度でも、30度でも撮影が横数枚でもパノラマと言われている部類です。よって「Partial Cubic Panorama」の「部分パノラマ」と紛らわしくなります。基本的に異なるのはステッチにおいて、球体としてのステッチか、円筒形としてのステッチかによって「Partial Cubic Panorama」と「Cylindrical Panorama」は区別されます。

「gigapan」「gigapixcelpanorama」「超大バノラマ」これらは画像のピクセル数が1ギガピクセル(10億ピクセル)を超える物を言います。だから前3者全てに当てはめることも可能ですが、同類では有りません。

、Krpanoは画像をMultiLayerに変換しWeb用の.html表記をも生成してくれます。

最近の製作手順は

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です