有限要素法3

ボケ防止のつもりで弄っていたら、現役時代より冴えが無いのがよくわかります。節点数264,材料数744,固定点24,荷重点4,を何回触っても、何処でズレが生じているのか、

節点の番号割り振りは、うまくいっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です