窓際族

ビルの展望室から写真を数枚撮影する時は手持ちでも1脚でも簡単に撮影できるが、パノラマ撮影で1カ所で50枚,100枚とと撮影するのは不可能に近い。ましてやGigapan EPIC Proでガラス越しに、8〜16カ所 1カ所100〜150枚撮影し、360度のパノラマは不可能かもしれない。三脚を用いるにしても、窓のサッシュやエヤーコンの装置などで、三脚をガラス面に接近させられない。

(この画像は復元出来ませんでした。)

この様になっているビルや展望室から撮影する為に、

(ここの画像は復元出来ませんでした。)

名付けて「窓際族」 これに、「忍者レフ」を付けて撮影すれば、超大パノラマも出来るかも。

三角の頂点に一脚もしくは三脚を付けて転倒を防止している。

2件のコメント

  1. これまだ凄いモノを考案しましたね!

    窓際族…う〜ん、、、、

    ヒッチコック映画の「裏窓 Rear Window」 をもじってRW-1がいいかも(笑)

  2. kanekoさんへ
    一度、試しに神戸ポートタワーへ行って、撮影する予定です。
    窓際族は、私が退職前から、席に座っているのに、窓をみて、撮影に行きたいなと思ったりした、その姿かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です