播州ー高御位山3

4月26日、播州高御位山の南側に小高御位山、北山、米相場旗場、太閤岩などが有ります。1回目に行ったときに、パスした場所を今日は行くことにしました。取り敢えず2回目に登った参道の階段を避けて、登山ルートで高御位山に行って撮影し、南下しました。次に小高御位山で手持ちで撮影し、北山の手前の分岐で北山へは行けなかったが直ぐ近くで撮影し、旗ふり場を通過して、太閤岩。ここでも手持ちで撮影し、尾根の東端で山を下りました。下記画像をクリックしてください。

takamikura20140426-w600

この日のルート

takasago

Aは小高御位山山頂で360゜撮影 下記画像をクリックしてください。

takamikura-A600

Bは北斜面で高御位山南側を観る。下記画像をクリックしてください。

takamikura-B600

Cは米相場の旗ふり場を超えて東側の太閤岩で撮影。目の前の赤みの在る岩が「太閤岩」 下記画像をクリックしてください。

takamikura-C600

Dは平地におり、志方町横大路の池の堤から撮影。この尾根を右から左迄歩きました。

takamikura-D600

天狗岩2

4月23日、再度天狗岩に行きました。今年もなかなか、すかっとした気候にならずゴールデンウイークに突入しそうです。黄砂とPM2.5の影響は何時迄続くのか、 嘆いても仕方なですね。

23日は360度撮影してみました。 tenguiwa2014-w600

播磨-高御位山2

4月19日、次の週は天候が良くないようなので、今日もう一度別登山ルートで高御位山に登りました。takamikyra0

公園の無料駐車場に止めて、高御位山の南尾根筋から直登しました。(青線)

takamikura1-w600

下りは西側の尾根筋を真直ぐ南に降りました。

今回は頂上でD800E+105mmで360゜撮影しました。

takamikura55-w600

播磨-高御位山

4月14日、ふと播磨高御位山の新聞記事のことを思い出しました。春の靄も少しは取れだしたが、まだ残っています。JRで姫路の別所の手前の曽根駅迄行き、10分程北に歩きここから山の稜線伝いに、高御位山を目指しました。高御位山2

六甲山と異なり、岩肌が多い山です。登山道の至る所に岩肌が露出しており一枚岩が沢山見られます。NHKの大河ドラマ「黑田官兵衛」のゆかりの地です。また鹿島神社の在る所です。高御位山山頂岩場からのパノラマです。下記画像をクリックしてください。下記画像をクリックしてください。

takamikurayama-w780

残念ながら小豆島、淡路島、本四架橋、六甲山系が肉眼では少し見えましたが、カメラでは捉えられませんでした。

鹿島神社の裏山より東方面=高御位山を見ると

takamikura1-w660

2014春

4月11日桜もほとんど散りましが、春の須磨浦から旗振山-鉄枴山-高倉山-栂尾山-横尾山-馬の背-東山を散策しました。春うららの天気で沢山のハイカーが来ていました。

haru

枝で鳴いている鶯を探すのですが、なかなか見付けにくいものでした。見付けても逆光で真っ黒に映ってしまいます。

520枚のステッチ

520枚の画像をステッチしてみました。New YorkのWorld Trade Centerで撮影れたCubicはCannon 5Dの画像5616×3744ピクセルですが、これを上回るNikon D800E(7360×4912)を用いて、105mmレンズで520枚を撮影しステッチしました。撮影時間1時間、現像2時間、ステッチにGigapan Stitchを用いて3時間(MacOSX 10.9.2)、KrpanoでCubic表示用に編集3時間、出来上がりましたが、Gigapan Stitchのソフトの能力不足で、一部ズレが残りました。

yokoo789-w1080今回Gigapanを三脚に載せて1回の操作で520枚を連続撮影したのみなので、三脚消去用の撮影はしていません。ちゃんと520枚撮影しましたが、風で枝が揺れていたのでしょう、一部ステッチズレが生じています、Gigapan Stitchにはこんなズレを修正する機能がないのです。

123

1456

ref

PTGuiは上記520枚をステッチするのに、最低2758.85GBすなわち3TBの仮想メモリ領域が必要であると警告しています。3TBのHDを購入すべきか。撮影時間1時間、現像2時間、とりあえずか身近なHDを接続して仮想メモリ領域3TBを確保して、ステッチ7時間、成果品をhotoShopに読み込みに2時間ホーマット変換3時間保存2時間、KrpanoでCubic表示用に編集7時間。合計24時間。213,584×106,792ピクセル。今回絞り値32、シャッター1/30秒で出来る限りパンホーカスを効かせましたが足下は少し惚けています。

Panorama-w600

AutoPanoは520枚を読み込んで並べる所迄は難なく処理し、ステッチで29時間42分でした。

World Trade Center in New York City

World Trade Centerから撮影したCubic が公開されました。

newyook

Photograph by Jonathan D. Woods and Michael Franz for TIME;Stitching: Gavin D. Farrell;Compositing: Meghan P. Farrell;Color: Claudio Palmisano

カメラはCannon 5D+100mm、ステッチはGigapan Stitcher。撮影年月日 2013/9/28

撮影枚数567枚、Cubicはここから、制作過程ビデオはここから

ビデオを見て、撮影方法が解ります。すなわちGigapanを13ftのジグの先に付け、上半球を撮影し、Gigapanをジグの下に付け替えてGigapanを吊るし、下半球を撮影しています。

up

down

此の下半球撮影でジグが映り込むが、上半球撮影でジグ部分が消せると推測されます。撮影枚数567枚から推測すると、水平26枚垂直20段で520枚。

foucas

特にWorld Trade Centerの屋上のアンテナ塔の距離が13ftの近くに有ることから、パンホーカスを幾ら効かせても、地上とアンテナ塔の両方に焦点が合うとは考えられません。その証拠として、アンテナ塔の隙間から見える地上の部分はヒントがぼけています。恐らくアンテナ塔だけにピントを合わせたものを撮影し、後で嵌め込んだか、ステッチの中で、マスク処理したものと推測しました。shot

このプロジェクトで、100mmのレンズを用いているのは雲台のGigapanの回転長さに制約が有り、天頂まで撮影する為には、短いレンズしか付けられないからです。

淡路妙見山

神戸側から淡路を見ると、北端より少し南に尖った山が見えます。あれは何と言う山か興味をそそられる。地図で見る限り淡路島の妙見山らしい、よしここから神戸が撮影できるポイントがないか、調査することにしました。垂水から岩屋間のみ有料道路を使って「小井の清水」の登山口迄行き、ここから妙見山に登り、妙見山から尾根筋を通って、月の山観音に行き、ここから少し北に行き分岐点で釜口小学校に近い道を降りました。国道に出てから、後4Kmくらい有ったのですが、軽トラックに載せて頂き2kmははしょりました。

結局ここではよい撮影ポイントを見付けることは出来ませんでした。

awaji20140401

妙見山の少し北側に明石海峡大橋を眺望出来る場所は有りましたが、

awajimyoken-w600

帰途、岩屋から神戸側を撮影しました。awajioohashi3-w600