室生寺

大台ヶ原の紅葉のバノラマを期待して、5月に宿舎の予約を入れていたので、10月の22日となった。台風26号が通過して、27号が間近に来ている。でも結果は無惨。帰りは早々と8ジ30分頃に下山スタート、室生寺によって帰ることとした。雨の室生寺も奇麗であったが紅葉はまだ色づいていなかった。cubicを撮ってみたが雨粒を避けることはできませんでした。

muroji5000-1024x853

Cubicはここ

五月山2011再ステッチ

2011年8月8日に撮影した五月山も再ステッチしてみた。横尾山,金剛山,五月山の再ステッチを通して、思う所が有りました。五月山の撮影では水平撮影を優先すると、1段目と2段目の露出差が大きすぎると考え、縦方向を優先する撮影とした。しかし今回の水平線から上の空の表現と水平線より下の市街地の表現との両方を、ベストな1枚のパノラマにする為には、水平方向の撮影を優先させ、天空の撮影をした後、市街地の夜景としての露出を適正にし、上下で露出を変えることにより、最適なパノラマとなる。

satsukiyama35-w600

飯盛山・金剛山・五月山・行者山 この4つで大阪湾・大阪平野の全貌がほとんど見れます。岩湧山か和泉葛城山が加わればもっと明確に成ります。下記は行者山、

gyojyanight4-w6001

念願の飯盛山夜景

一年越しの目標、飯盛山の夜景撮影に行きました。夜間の山道で対向車を交わす自信がないので、登山道の入り口の広場に駐車し、電動自転車に乗り換えて目的地迄行った。

iimoriyama-night-w600

Panorama投影

今年の天候は異変すぎて、撮影に出るタイミングを計り兼ねた。今日も神戸当たりは澄んでいるようだが、飯盛山から見ると靄っていました。雲はほとんどないに等しいので、撮影の準備をして1時間待って撮影です。

時間合成

10月4日の横尾山(啓明学院)の撮影の時間差・露出差を考えて。撮影4の上2段目と3段目を残し、撮影5の3〜5段目を加えて1つの撮影としてみた。

keimei-night56-w600

3の上2段と5の下2段をステッチしてみた。

keimei-night46-w600

横尾山西側(啓明学院)の夜景

9月27日はとても奇麗な夕焼けだったが、撮影できなかった。1週間後の10月4日夕焼けを期待して登った訳ではないが、夕焼けとなった。画像をクリックしてください、

午後5時39分日没

keimei-night2-w600

47分焼け始め

keimei-night3-w600

52分夕焼け最盛

keimei-night4-w600

56分夕焼けに露出を会わせると

keimei-night5-w600

18時02分夜景としての露出をセッテイすると、

keimei-night6-w600