神戸の基礎タイル図

国土地理院WebNEXTの神戸の基礎タイル図はどこか。国土地理院のWebが例示している

http://cyberjapandata.gsi.go.jp/sqras/all/DJBMM/latest

/16/00/00/52/85/27/71/00582740025716.png

にアクセスすると、つくば駅を含むタイルが直接得ることが出来ます、

画像ファイルは14桁の7桁目を0〜9まで、14桁目を0〜9までの100枚が同一ホルダーでダウンロード出来ます。この範囲を超えるとホルダー名を変更してダウンロード出来ます。ちなみに神戸市役所を含む画像をダウンロードするにはどうするか。ズームレベル16で経度はINT(((RADIANS(神戸の経度radian)+PI())/(2*π))*256*(2)^16/256)によって57379を得る。緯度はINT((1/2-(1/(4π)*Log(e)((1+SIN(神戸の緯度radian))/(1-SIN(神戸の緯度radian)))))*256*(2)^16/256)   によって26030 を得る。

ところが微妙にズレており、26030は港の海の中、00573790026027.pngに市役所が有る。ファイルのタイル座標値が解るとホルダーの階層とそれぞれのホルダー名が自動的に決まるので、http://cyberjapandata.gsi.go.jp/sqras/all/DJBMM/latest/16/ ・・・・にアクセスしてダウンロード出来ます。

2560×2560の画像は100回、5120×5120の画像は400回ダウンロードすることになるが、手動のダウンロードより正確なものが出来る。此れを自動運転出来るjavascriptか、apple scriptでブラウザーを動かすと簡単に基礎タイルが手に入る。少し前にカシミール3Dでダウンロードして作った72,000×51,200の地図なら、281×200=56,200回ダウンロードすることとなる。

kobe100色々探っていると、Firefoxのページダウンロードを使うと、256*256の画像3,600枚を1度にダウンロード出来ることが解りました。ダウンロードした画像のつながりを考慮して256*60段*256*60段を表示出来るようにhtmlのディスプレーサイズを15600*15360dpiに設定すると、ズームレベル16で、東経20分毎、緯度16分毎のダウンロードが出来ます。立ち上げに20〜30秒掛かる場合も有ります。国土地理院のサーバーにアクセスしているのが解ります。此れでタイル画像を得れば以前に作った地図の範囲は数回のダウンロードで済みます。問題はタイル画像を繫ぐソフトが有るかどうか。国土地理院の「web tis_v4.js」が使えたら良いのですが。

ズレ。この原因まではまだ分かりません。もしかして神戸市所在DATAが日本測地系のままであるのか。しかし基礎タイル画像があることは確認出来、ダウンロードも可能であることが解りました。

久しぶりの横尾東山東

今年の気候は異状過ぎる、6月の梅雨に雨が少なく、早く梅雨が明けたのは、撮影をする立場からうれしいことのはずが、8月に入っても水蒸気が多く、空が青く成らない日が1ヶ月以上続いている。今日は久々に青いそらを期待して山に向かった、いつもの撮影場所に着くと、海は灰色で、空は雲に覆われていた。30分程眺めていると雲も流され、青い海、青い空が現れました。満足は出来ませんが、久々に撮影した。

preview

世界測地系

222 111世界測地系はズームレベル0は水平360度,垂直85.051・・・×2=190.102・・・を256×256ピクセルの中に表現し、ズームレベルが1あがることに縦横それぞれ2分轄しそれぞれを256×256ピクセルとします。よってそのタイルは常に256×256である。

このタイル位置が常に緯度と正比例的位置に有れば計算は何ら頭を悩ませる必要はない。しかしこのタイルを上記座標上は原点から256刻みに(レベル16では)167万枚余り並べるのですが、真球楕円上に並べるのではなく、メルカトル図に展開した上に重ねているので、その相関関係が必要に成る。

(wpx,wpy)=

((L+π)/2π,  (1/2-(1/4π)  LN ((1+sin(radians(B)))/(1-sin(radians(B))))  )×256(2)^MZ)

wpx,wpy  :タイル座標をピクセル変換した座標のピクセル座標値

B  :真球楕円上の緯度(単位はラディアン)

L :真球楕円上の経度(単位はラディアン)

MZ  : ズームレベル

LNはExcelのLog(e)記号

上記の相関から高緯度付近は、赤道付近よりピクセル密度は高いが、メルカトル図上では伸ばされる。経度に関して、真球楕円上の高緯度付近の1度当たりの幅は赤道付近のそれと比べれば狭いのですが、経度をメルカトル図やタイル座標やピクセル座標で考えると高緯度も赤道付近も、幅は同じに成る。これらが良く分かる文献が有った。

WEB ブラウザ上での表示に適した配信地図データの作成技法とその応用

地理空間情報部 小清水寛・高桑紀之

http://www.gsi.go.jp/common/000076321.pdf

 

電子国土WebNEXT

p1

電子国土WebNEXTを使ってホームページのベースに出来るか、色々触ってみた。

WebNEXTの使い方の初歩はここにメモたが、此れだけでは魅力あるベージには出来ないので、サイト構築サンプル集を調べてみた。kmlファイルで挿入したアイコンなどの属性の定義をどのようにするのか、まだ理解出来ないがほかは何とか使えるので、最低限のベージは作製出来そうです。

 

カシミール3Dで電子国土地図を再生成

カシミール3Dのプラグイン「マップカッター」を用いて、電子国土の地図をダウンロードし、再生成してKrpanoでみる大規模地図にしましたが、色々試していると、ダウンロードする地図の範囲を緯度経度で指定することにより、誤差がほとんどない再生成が可能に成ることが分かりました。ダウンロードする地図の1枚のファイル容量が小さいため枚数を多くせざるを得ませんが、手動で範囲を指定するよりも数段精度が向上します。

下記は範囲は手動で緯度10分、経度15分を4*4の16枚分轄として、16回ダウンロードしたもので、16枚の1次再合成では1〜2dpiの誤差があり、1次再合成成果品16枚の2次合成で1〜2dpiの誤差があります。これらの最も誤差を少なくする方法を「Theory & Methods for QTVR & Panorama」の7-(6)カシミール3Dで電子国土地図を再編集に纏めておきました。

oosaka-kr5000

緯度経度、1kmメッシュは国土地理院第4座標系原点を基準にし、南、東を国土地理院WebNext上で計測し、この地図に反映させました。微妙に正方形を保っています。

WebNEXTの使い方の初歩はここにメモっておきます

 

カシミール3Dの国土地理院地図

国土地理院の1/4,500地図の改訂版をカシミール3Dのマップカッターでどれくらいの範囲が1回ででカット出来るか試してみた。4500分の一の地図の場合、神戸市の4倍位は可能です。余範囲を広げると、ファイルダウンロードの追加が100回くらい、もっとひどく成ると永遠に張り付いてクリックしているみたいに成り、不可能となります。以前に手動でキャプチャした範囲を1回でダウンロードしようとしたが、駄目でした。1回で1枚が2,358×1,487ピクセルの画像100枚を1カツでダウンロードした。4回で済みました。

これをPhotshopでjpgイメージ画像を400回配置して全体図を作りました。

緯度経度の白色メッシュはカシミール3Dの機能を利用したのでjpg画像と一体になってしまいました。此れに1Km黒色メッシュを付加しましたが、よくよく調べてみると、旧の地図は緯度方向の縮尺が変化し、

一律に1kmメッシュを当てはめられないことが分かりました。

hanshinmap500

以前に手動でキャプチャーした国土地理院の地図を再合成し、Krpanoで表示したもの

此れは改訂版の地図で緯度経度のピクセル数を固定してあり1kmメッシュを適用出来ました。

hanshin-map

カシミール3Dの山旅地図

カシミール3Dの山旅地図改訂版の1/2万5000をマップカッターでどれくらいの範囲が1回ででカット出来るか試してみた。2万5000分の一の地図の横4万8000ピクセル,縦2万5000ピクセルの範囲を縦横ともに20分割400枚野のjpgイメージでダウンローで出来ました。1枚のjpgは2,411×1289ピクセルでした。

これを1枚のpsbに合成し、Krpanoで表示させてみました。oosakabayw600

メッシュはカシミール3Dの機能を利用したのでjpg画像と一体になってしまいました。

今回はマップカッターが一定の大きさでカットしてくれるので400枚を繫ぎ合わせても1ピクセルの誤差も出ませんでした。

国土地理院の地図もこの機能で作成すると誤差なく再現出来ます。

以前に手動でキャプチャーした国土地理院の地図を再合成し、Krpanoで表示したもの