長峰(天狗塚)

4月28日にシェール槍から再撮影をしに行った。再撮影は9時前に終わった。その後穂高湖から撮影したが、なお余裕が有るので長峰へ行くことにした。撮影の装置Gigapanは重たいので、自家製雲台21号にした。カメラはD800Eレンズはマクロ105mm。

長峰-杣谷峠-シェール道-炭ヶ谷

今日は長峰-杣谷峠-シェール道-炭ヶ谷を歩く予定です。途中シェール槍に登りました。ロックガーデンの北にある「なかみ山」の様に六甲山を感じるのに良い場所でした。D90+35mmしか持って行かなかったので、手持ちで360度を撮影してみました。明くる日28日に105mmで再撮影をしました。



下記画像をクリックしてください・


このシェール槍から見えている穂高湖の桟橋から撮影してみました。この日は子供達がカヌー教室でカヌーに乗って楽しんでいました。

横尾山+馬の背

4月25日、春の霞も少しずつ薄くなってきているが、まだまだ撮影に適した気候にはなっていない。今日は70-200mmのテストを兼ねてテスト撮影を「馬の背」の西側の「横尾山」から撮影することにしました。


カメラ:Nikon D800E ,レンズ:Nikon 70-200f4VR’175mm) ,ISO:200 ,シャッター:1/250秒,    絞り:F=11、ホワイトバランス:晴天,シャッターディレーモード2秒,7段×46列=322枚、水平230度,垂直58度、自家製雲台21号機,ローター=Manfrotto300N手動回転

道畦谷北尾根+荒地山岩梯子

今日(4月22日)は春霞がとれて、紀伊半島が見えることを期待して荒地山へ行った。芦有有料道路の芦屋ゲートの駐車場に車を止めて、荒地山の北側から登った。

帰りは、なかみ山側に行って、芦屋ゲートへ行く別ルートから帰りました。その後芦有有料道路の展望台に廻り、宝塚の行者山の麓を見て帰りました。
下記は道畦谷北尾根から

下記は荒地山岩梯子のすぐ上から

アイスロード+シュラインロード

4月20日、この日は六甲登山道でも固有名詞が付く程良く知られている道を2つで六甲山を南北に横断した。朝7時過ぎに出て、阪急六甲に8時10分頃に着いて、バスに乗らずにここから歩いた。アイスロードの取り付きまでアスファルト道路を50分、此れがつらい。9時にアイスロードの取り付きをスタートし、前ヶ辻に10時、ここで汗を拭き、修羅員ロードの取り付きをスタートし、唐櫃に12時に着いた。六甲山の南側でも山桜が残っていました。裏側はコバノミツバツツジが咲誇っていた。この日は一眼レフは持って行かなかったので、凄く楽でした。シュラインロート゛ハイキング道らしいので良いのですが、茶園谷の分岐当たりからアスファルト道になり又足に辛い道でした。

 

西宮市北山山荘

4月18日、13日に西宮市の北山植物園に行った。この日は北山の一部しか歩いていないので、今日は北山ダムまで歩くつもりでもう一度行った。北山ダムまで歩いて西に回り、再で西から北山に登るつもりが、道が分からず、県道82号線伝いにほぼ正門までもどることとなった。この日は良い成果がなかったが、北山山荘によって、バノラマに撮影した。105mmレンズしか持って行かなかったので少し無理が有りましたが、

馬の背の春

15 日、久しぶりに馬の背に行くと、「コバノミツバツツジ」があっちこっちに咲いていた。馬ノ背の東の端から撮影してみた。16日にD800Eを持って再度撮影した。

花見

今日は、西宮の甲山の西にある鷲林寺から観音山に行き、ゴロゴロ岳から苦楽園尾根を降りた。

午前中に終わりそうなので、柏堂町にある北山植物園に寄った。花が沢山咲いていた。とくにしだれ桜、コバノミツバツツジが満開でした。ウロツイていると展望台が有ると看板に出ていたので、登ると阪神間が一望出来ました。それぞれクリックしてみて下さい。

鷲林寺のしだれ桜

苦楽園尾根のコバノミツバツツジ

北山植物園のしだれ桜

北山のコバノミツバツツジ

北山からの眺望

 

有馬四十八滝の4つ

今日は有馬ロープウェーで上に行き、有馬三山を下りてくる予定でした。行くとロープは例年の点検期間を変更し4月17日まで運休でた。そこで有馬四十八滝巡りに変更した。

1は、白石谷分岐。2は七曲滝への分岐

3は2より10数mほど行けば3で分岐があります。上に行くと七曲滝、下に行くと蟇滝経由で七曲滝。下記は蟇滝、クリックしてください。


下記は七曲滝、クリックしてください。

4の場所で

この付近に蜘蛛滝への道があるはずですが、分かりませんでした。2に戻り5を登ります。少しキツい登りです。6は迂回の階段があります。

そして百間滝の分岐です。

つづれ折れの下りがあり、滝の上に出ます。そしてもう少し下ると百間滝の下に出ます。ここで良く注してみると似位滝への分岐を案内する登山会の看板9があります。

下記は百間滝、クリックしてください。


下記は似位滝、クリックしてください。

ここから沢沿いに下るとゴルジュが有ります。そこを通過して元の白石谷分岐にもどります。

Stick三脚

バノラマを撮るために、山に登っているが、カメラやレンズ、おまけにバノラマヘッド、さらに三脚があり、総重量が10kg近くなる。防寒着をダウンに買い替え、雨合羽も最軽量のモノを買った。それでも重いのでパノラマヘッドは自家製の軽いものに作り替えたが、三脚も改良できないか。山に行くときいつも持っている「ハイキング スティク」3本で三脚が出来ると本都合が良い、今使っているスティクに1本買い増しをして、細工してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使えそうだが、グリップの硬質ゴムに1/4インチネジでローターを固定しているが、やはりこの部分でしなりが発せてする。