石切道-打越山-七兵衛山

今日は山歩きによい天気と思い、用意して出かけた。早く出ても六甲ケープルは良いが山頂のバスは9時35分しかない。山頂駅で25分待って、バスで高山植物園のバス停まで乗って行った。ここから歩いてみよし観音の少し北にある石切道の取り付きから行った。いつも登山でなく下山ばかりですが、六甲山系の南側から登る道はどれも大変そうです。でも私は割り切っていつも下山です。打越山の西に六甲山の山並みを展望する良い場所が有りました。また、途中で出会った上松さんが「七兵衛山」も良いですよとのことであり、迂回して登った。六甲山系の眺望の良い場所を求めて六甲山を徘徊しているが、なかなか、良いところが見つからない、久しぶりに良いところに出会った感がありました。

西お多福山から五助ダム


今日は朝から東が朝焼けで、天候も快晴に近いと思い、山へ行くこととした。六甲ケーブル9時30分に乗れました、山上では「氷の祭典」をしているのでバスも臨時が出ていたのでガーデンテラスまですくに行けました。ここから私の足しか頼れません。今週はじめの雪や昨日の雪で山上は10cmくらい積もっています。

しかし南斜面は標高が少し下がるとほとんど消えかけていました。

しかしアイゼンは用意すべきでしたがまだ買っていません。帰りに買うことにしました。


五助ダムまでは快適な登山道です。植生も変化が有り、楽しく下ってきました。川筋に行くと雪解け水なのかとてもきれいな水でした。

五助ダムの案内板に私の歩いた経路を入れてみました。住吉川のダムの多いことにビックリです。

西お多福山の南から 

五助ダム

住吉川(白鶴美術館前)

電子国土ポータルの利用3

電子国土ポータルを利用して神戸市から宝塚市までの六甲縦走路を1枚の地図で記録するための用意としての地図を作った。

地図のキャプチャ1020枚をPhotoshopで510枚に加工し、510枚のレイヤーに載せた。

これをベースに1枚の地図を作り、須磨から宝塚市塩尾寺まで1枚で見れる地図にした。此れに六甲縦走路を深緑で薄く書き込み、赤点で私が踏査した道を書き込んだ。ついでに撮影ポイントも入れた。各にある登山会の記帳所を見つけたものも書き込む予定です。パノラマの水平視角は私が撮影でカメラを振ったおおよその角度です。

薄緑の線は今後行ってみようかなと思っているコースです。

旗振山腹の道

今日は天気も良くなりそうなので、おにぎり2つを持って、バスで須磨浦公園まで行って、歩いて鉢伏山に登り、旗振山腹のハイキングコースを調査した。六甲全山縦走路と少し平行するのだが、尾根筋でないため、距離は2倍程度長い。人も少なく、落ち葉も多かった。妙見堂跡まで行って鉄枴山へ引き返した。そのまま降りるとJR須磨付近の潮見台に行くそうです。

高倉台を過ぎてから、栂尾山、横尾山へ登って帰るには少しきついので裾の横尾道を通って帰った。

電子国土ポータルを利用2

先に実験した電子国土ポータルはあまりにも重たすぎた。Mac版のブラグインはないので、地図をキャプチャーして、それをベースにすることとした。電子国土WebNEXTをキャブ茶するために、iMac27の画面全体を利用すると2万5000分の1の地図を1/5,000で表示させると、経度が2分,緯度が55秒程度表示できるが、間違いを減らすためにも、経度2分,緯度45秒でキャブチャーすることとした。神戸市全体で182枚のキャプチャーでした。これょステッチし、Krpanoで表示するときにスケールをあわせるために、1/5,000表示は1.116倍、1/2,500表示は2.232倍にして見えるように設定した。

画像をクリックすると1/5,000が表示されます。

 1/2,500はここをクリックしてください。

電子国土ポータルを利用

電子国土ポータルを利用して、調査内容を記録してみた、

六甲全山縦走路は基本線として入れておきます。

実験としてやってみたが、ものすごく不安定で、1つや2つのデーターは読むが、データー量が増えると、読まずに行ってしまいます。六甲全山縦走路を入れたまでは良かったが、追加しだすと、なかなか読んでくれない。元々Window仕様で公開しているので(プラグイン版は読み込むファイルも大きくなる)Macは相性が悪いかもと思い(Mac版のプラグインはない)Windowで読ましたが、此れまた、プラグインなしは凄く遅い。

Webページとして導入するには考えものです。地図をカットして地図情報ペースは確かな精度が有るので使えます。

長峰山(天狗塚)

今日は一昨日の雪が残っている可能性があり、また午後から寒気が近畿中部まで降りてきそうである。防寒着を余分に入れて、食料も何時もの倍もって、三脚を持たず、カメラ1台のみの視察にした。長峰山の天狗塚は360゜の眺望は有るが3本の松の木が少し邪魔をしている。

新神戸ロープウエー山頂駅9時45分〜摩耶山11時30分〜長峰山13時〜篠原伯母野山14時 少しきつかった。


アゴニー坂のあたりは一昨日の雪が残っていた。

2画面

3画面をする前に、手持ちの機材で2画面の実験をした。メインにiMac27を据え、右にApple Cinema Display20インチを縦使いした。

その結果、言えるのは色合わせが難しい、およびスケール合わせがほとんど出来ない。規格が異なるモニターにしろ、HDM1入力端子を持っているTVにしろこの2つの調整が鍵となる。2画面の実験は2009年以後のMac MiniなどThunderboltとHDM1やMini DisplayPortなど2つの出力が可能なものがある。アダプターを使えば液晶TVでも出来ます。

六甲山に雪

昨日は雨で一日外に出なかった。今日は雨も上がっているので出かけることとした。新神戸ロープウェーの始発は9時30分だが、六甲ケープルは7時20分が始発だ。横尾の自宅を7時20分に出て、ケーブル下駅に8時35分に着いた。窓口でいろいろ騒がしい話になっていた。山頂でのバス等が積雪のため運休しているとのことでした。ハイキングもお勧めしないとのことでした。まさか雪が積もっているとは考えなかったのて、登るのを躊躇したが、取り敢えず片道切符を買って山頂まで行った。ケープルで登って行く途中外を見ていると、標高500〜600mあたりから薄化粧であり、700mくらいで10cm程度積もっていた。コンクリートの階段は凍結して少し危険であったが、登山道は凍結していなかったので、油コブシ へ降りて行くことにした。


油コブシの眺望を期待していたのですが、木が大きくなって、良い眺望ではなかった。

絶景ポイント

新神戸ロープウェーから稲妻坂を通り、天狗道に行った。摩耶山の最高峰1つ手前のピークに絶景の展望ポイントが有った。しかしながら少し奥まっているので180度撮影した結果、やはり掬星台の眺望には負けます。