鍋蓋山から菊水山

今日は鍋蓋山から菊水山を越えることを考えて、再度山大竜寺からスタートする計画であった。ここで大失敗。11月末で市バスは運休。仕方なく諏訪山下まで行ってタクシーで大竜寺まで行った。ここから鍋蓋山は3〜4回登っているのですぐに行けました。葉が落ちて登山道は明るく快適でした。鍋蓋山から天王谷川の谷筋までは40年程前に西から登った道です。今回はここを下ります。登るととてもきつい道です。谷筋から菊水山は少しきついが楽しく登れます。菊水山の頂上東の第二ピークがとても見晴らしの良い眺望ポイントでした。頂上から5分程度下った大岩の上から西側も良い眺望でした。来年の撮影ポイントととして残しておきます。菊水山をほぼ降りきったあたりから、神戸電鉄鵯越駅まではいいハイキングコースとは言えません。

2012年Gigapan

2012.年に撮影した「Gigapan」はその都度「Wordpress」に掲載してきたが、「来る来る神戸」の「PanoramaView」や「Panorama-List」に整理して掲載しなかったので、年末に際して、整理し掲載しました。

高取山の南登山道

今週は今日で5日連続して、山に登っている、11日は風が強くて撮影すら出来ませんでした。12、13日は撮影した後、他都市からの登山客を案内して、須磨アルプスを散策していました。

14日は高取山の北西から登り、萩の寺へ降りる道を探して南側へ降りたが、萩の寺より少し南側の峰を降りる道に行くこととなった。正面に見えるのが何時も行く東山でその右に横尾山(312m)が見えます。

15日は登ったが何もネタは有りません。

16日は緑の道を探し当て、「萩の寺」へやっと着きました。分岐点には三等水準点が有りコンクリートで囲われていました。後は空色の道が見つかれば良いのですが。

17日は空色の道を歩きました。この道は高取山町から地下鉄板宿駅までが町の中で楽しく有りません

19日は高取山町から表参道とも言えるルートで登った。降りる時は灯台の石灯籠の南を降りたが、少し危険な道であった。

20日は高取山の東側のピンクのルートを確認しました。

これは横尾山からの画像に登山道を描いたものです

須磨浦山上遊園地

何回も行っているのですが、今日(12月13日)は須磨浦山上遊園地の展望台の屋上から、明石海峡大橋を撮影した、この西方向には須磨浦山上遊園地の施設が点在しています。何時も撮影するロープウェー山上駅の展望台では須磨浦山上遊園地は見えません。この日は須磨浦公園から山頂まで歩き、旗振山、鉄枴山、高倉台、栂尾山、横尾山、東山と六甲全山縦走路の1/6程歩いた。

下記画像をクリックしてください。


カメラ:Nikon D800E ,レンズ:Nikon 70-200f4VR ,ISO:200 ,シャッター:1/320秒,    絞り:F=11、ホワイトバランス:晴天,シャッターディレーモード2秒,5段×27列=135枚水平142度,自家製雲台21号機,ローター=Manfrotto300N手動回転

高等学校同窓会

47年ぶりでは有ったが、高等学校の同窓会に行った。顔も名前もほとんど分かりませんでした。4組のテープルに座って、各自が付けている名札を見せてもらって、記憶を辿っても、なかなか記憶が蘇りません。

正門の雰囲気はそのまま残っていました。プリンスの池は少し整備されていましたが、ほとんど同じでした。校舎はすべて建て変わっていました。運動場の雰囲気は変わっていませんでした。

下記画像をクリックしてください。操作方法はここをクリックしてください。

下記画像はQTVRです。水平360゜垂直180゜が、ご覧になれます。正門を入ってすぐ


校舎玄関前

中庭、体育館前 

ルミナリエ2012

今年もルミナリエの季節が来ました。非常に寒くなり夜の撮影もだんだん億劫になってきています。でも今年も撮影に行きました。重たいものを持って行かず一脚で試しましたが、夜景の手持ちはうまく行きません。クリックしてみてください。

何時も撮影していないところを撮影してみた。クリックしても大きくなりません。

この大きさで少しは見てられますが、手ぶれも最大。