須磨アルプス横尾山

今日は11時過ぎから、啓明学院の南側の大斜面に咲く「のじぎく」(下記地図の青緑)の撮影ポイントを探しに歩いてみた。平地からはネットや電線が邪魔して良い写真になりそうにもないが、啓明学院のグラウンドから撮影すれば邪魔するものがなさそうである。そんなことを考えて、1ポイント(19日に撮影)から2ポイントに行ったら2ポイントは六甲全山縦走路から少しそれたところに、絶景ポイントがあった。次回はここから撮影することにする。
翌日11月1日2ポイントに行ったが天候が良くないので、横尾山から真北へ降りる道を探索した。無理矢理付けた道のようである。危険防止のロープが沢山張ってあるので道に迷うことはなさそうでした。4ポイントあたりがすごく良い眺望ポイントでした。3は良く行く東山。2と3の間が馬の背です。

11月1日2ポイントからの撮影、少し霞んでいますが、下記画像をクリックしてください。

カメラ:Nikon D800E  ,レンズ:Nikon VR105mm  ,ISO:200  ,シャッター:1/500秒,    絞り:F=8、ホワイトバランス:晴天,シャッターディレーモード2秒,5段×25列=125枚250度,自家製雲台21号機,ローター=Manfrotto300N

4ポイントから撮影、下記画像をクリックしてください。

カメラ:Nikon D800E  ,レンズ:Nikon VR105mm  ,ISO:200  ,シャッター:1/500秒,    絞り:F=8、ホワイトバランス:晴天,シャッターディレーモード2秒,3段×22列=66枚220度,自家製雲台21号機,ローター=Manfrotto300N

話がそれてばかりですが、その「のじぎく」を育てている斜面は啓明学院の向かいにあります。啓明のグラウンドの観覧席の南端から撮影すると電線などの架線が映らない。

11月12日に咲き具合を見に行った。3分程度かな、今週の末が良いかも。取り敢えず今の状況を撮影した。

鹿児島城山公園展望台

10月6日に東京渋谷NHKホールで全国学校音楽コンクール全国大会があり、応援にいってきました。そして10月27日に鹿児島市の鹿児島市民文化ホールで全日本合唱コンクール全国大会がありました。6年間コンクールなどで大変楽しませていただきました。3年生の彼女達は6年間の総決算のつもりで歌ったくれましたが、今年は特別賞などはとれませんでした。でも6年間の記念として私の撮った写真をもとに「思い出・記録」らしきモノを作成し「卒部式」に進呈すべく編集しています。

下記は鹿児島「城山公園展望台」のすぐ近く「城山観光ホテル」の庭先からの「鹿児島市市街地・桜島」です。あいにくの天候でしたが。

カメラ:Nikon D800E  ,レンズ:Nikon VR105mm  ,ISO:200  ,シャッター:1/400秒,    絞り:F=8、ホワイトバランス:晴天(現像時に曇天),シャッターディレーモード2秒,5段×19列=135枚190度,自家製雲台21号機,ローター=Manfrotto300N

下記画像をクリックしてください。

「城山公園展望台」からの景色は少し視野が狭くなります。

カメラ:Nikon D800E  ,レンズ:Nikon VR105mm  ,ISO:200  ,シャッター:1/400秒,    絞り:F=8、ホワイトバランス:晴天(現像時に曇天),シャッターディレーモード2秒,5段×15列=75枚150度,自家製雲台21号機,ローター=Manfrotto300N

下記画像をクリックしてください。

 

金剛山・香楠荘

今年の8月4日金剛山の香楠荘に泊まったが、再度10月22日に行った。当初23日に山頂へ行くつもりであったが、天気予報では23日は雨模様とのことであったので、22日に行った。天気はよかったが少しもやっていた。夜、食事の後テラスからの夜景は良く見えたので105mmで3段24枚=90度のパノラマを撮影した。なんとか明石海峡大橋、神戸のポートタワーが見えている、実は肉眼ではほとんど探せんかった。

カメラ:Nikon D800E  ,レンズ:Nikon VR105mm  ,ISO:200  ,シャッター:2秒,絞り:F=8、ホワイトバランス:晴天,シャッターディレーモード2秒,3段×8列=90度,自家製雲台,ローター=Manfrotto300N

8月の朝の景色はここをクリック

 

旗振山・高倉おらが山

 

10月18・19日と連日裏山に登ったが、Nikoon D800Eの性能に一段上の期待を持って、楽しんでいます。20日は須磨浦公園駅までバスで行き、ロープウェーを乗ろうとしたら、40分待ちだったので、歩いて登った。350円節約したと思ったが、旗振山の頂上の茶屋について、ビールが飲みたくなり、380円使って、30円余分に使ってしまいました。

カメラ:Nikon D800E ,レンズNikon VR105mmマクロ,絞りF8,シャッター1/640秒、IOS=200,シャッターディレーモード2秒,ステッチ=PTGuiPro9.1.3,ホワイトバランス=晴天、5段×19枚=95枚180゜,自家製雲台21号機,ローター=Manfrotto300N  旗振山から、下記画像をクリックしてください。

カメラ:Nikon D800E ,レンズNikon VR105mmマクロ,絞りF8,シャッター1/400〜640秒

IOS=200,シャッターディレーモード2秒,ステッチ=PTGuiPro9.1.3,ホワイトバランス=晴天、すべて5段×28枚=140枚270゜,自家製雲台21号機,ローター=Manfrotto300N

高倉台おらが山の西,東,北,南より、下記画像をクリックしてください。

この4つから下記360゜を作りました。下記画像をクリックしてください。

 

横尾山・啓明学院

一昨日、あまりにも良い天気に釣られ、須磨アルプスへ行った。何時もは東山に行くだけなのですが、久しぶりに東山から横尾山、栂尾山,高倉台へ行くつもりで行ったら、横尾山の頂上の西でおじさんに出会った、どこからこられたのか訪ねると、「啓明学院側から登ってきた。」と言う。その道を教えてもらって私はその道を降りた。とてもいい眺望があった。

昨日もとてもいい天気だったので、今度はパノラマを手動で撮影する道具を用意して、登った。2カ所で撮影した。撮影していたら、この6月に東山で出会った方が登ってきた。挨拶をして、お互いのホームページに賛辞を述べて少し話をした。このかたは沢山の山を踏破されており、その成果と折々の話が記載されているので楽しみにしています。このかたのURLは

http://homepage3.nifty.com/m-suno/

脱線しすぎました。その時のパノラマです。画像をクリックしてください。

カメラ:Nikon D800E ,レンズNikon VR105mmマクロ,絞りF8,シャッター1/500秒

IOS=200,シャッターディレーモード2秒,ステッチ=PTGuiPro9.1.3,ホワイトバランス=晴天,自家製雲台21号機,ローター=Manfrotto300N、下記画像をクリックしてください。

11月4日に同じ場所で、カメラをもう少し突き出せる岩場から撮影した。下記画像をクリックしてください。

下記画像をクリックしてください。

 

気候が良かったので、姫路沖の家島が見えます。土取り工事現場が見えるの男鹿島の様です。撮影場所から約50km先です。後から気づいたのですが、家島と淡路島の間に黒くてこん盛りした影が小豆島です。85km彼方にあります。

下記は105mmで明石大橋を撮影 したもの

 

大阪・梅田北ヤード

昨年の7月のパノラマと今年7月のパノラマを比べてみると「大阪・梅田北ヤード」の違いがはっきりと見られる。完成予パースの様に4棟が見られるようになっている

2011年7月13日六甲山最高峰東より撮影

下記パースは http://toolbiru.web.fc2.com/topic/top-06.11.03.htm ここから

2012年7月18日六甲山最高峰東より撮影

下記パースは近鉄阿部野再開発の完成予想図です。やはり2012年撮影のパノラマで見れます。

105mmでCubic

Nikon D800Eに105mmを付けて、手動でCubicを撮影しようとした。これには、大きな問題がある。

1つ目は、Gigapanを用いると27枚×20段=540枚であるが、手動の場合カメラ縦使いで11段×36枚=396枚となる。どちらにしてもPCがパンクする恐れがある。320枚程度は出来たと思うので、9段×36枚=324枚撮影した。それでもステッチに10.5時間かかった。

2つ目は、今まで広角でCucicの撮影をしていたのでマニュアルの固定焦点でも問題はなかったが、105mmには問題となる。それは三脚の高さが1.3m位しかない場合、地面がパンホーカス撮影の範囲に入れるのはあまりにも無理があり、ピンボケになってしまいます。F8で21m〜∞はokですが手前はピンぼけ。そこで水平より下の俯角撮影は1段ごとにビンとを修正してみましたが、パンホーカスのために設定したホーカス距離と、俯角1段目のホーカスの違いを克服できませんでした。拡大したときにそのずれは明確に現れます。

80-400mmズームレンズ 2

前回80-400mmレンズのテストをした。そのポイントはVRIIをOFFにすることであった。しかし距離が5km程度だったので、今回は10〜20kmを目指して、高取山に行ったが大阪湾はもやっていた。そこで高取山の後ろの「ひよどり台南」へ行った。ここからは我が家も明石大橋も見えます。明石大橋の明石側橋脚までが12,3kmで、淡路北端で14km程度です。撮影はVRIIをOFFにし、シャッター速度、絞りを同じにし、レンズ焦点距離のみ変化させて撮影した結果、300mmは少しピントが甘くなった。

200mm 6段×13列=78枚

300mm  7段×18列=126枚

400mm 10段×25列=250枚

80〜400mmズームレンズ 

レンズテストを繰り返したがAi AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D EDのフォーカス合わせがとても難しい。そのため本来の性能を出せずにいた。ある人が、Nikonの解説では、「三脚上ではVRを切りにする」とある、と教えてくれた。その理由が理解できていなかったので、「入り」のままで使用していたが、試しに「切り」でテストした見た。結果はとても良好、400,300,200,105もフォーカスがうまく行って、Gigapanに使えると分かった。

400mm (5段11列)

300mm (4段8列)
200mm (3段7列)
105mm (2段4列)
今回山の上まで行かなかったので4〜5kmくらいが、実験の対象になった。次は5kmから10kmないし20kmが写せるところに行こう。