高詳細Cubicの編集

Panoramaを8mmや10.5mmで撮影している時は、思ってもいなかったが、Cubic ConverterやPano2VRの処理ファイルの大きさの限界が、このごろ感じることが多い。Gigapan EPIC ProにNikonD90+AF-S NIKKOR 14-24mm1:2.8G EDを用いると、63枚の合成で、Equirectanglarは23,000*11,500ピクセル程度となり、なんとかCubic ConverterやPano2VRでCuce Faceを作り、底面処理をして、Cubicは作成できるかもしれない。

ところが、Gigapan EPIC ProにNikonD90+60mmを付けると、400枚程度となり69,000*34,500ピクセル程度となり、Cubic ConverterやPano2VRでは処理してくれない。

そこで、現在は

大きなEquirectanglar画像はConvert SPHERE to CUBE (JPEG) dropletで6面化し、底面処理後、MAKE PANO (MULTIRES) dropletで、krpano化(swf)してhtmlに埋め込み見せている。

Equirectanglar画像幅が10万ピクセルでも可能なのは確かめました。

PTGuiのEquirectanglar出力30万ピクセルまで確認しておきたいのですが、ものすごくおもたくなりそうです。