六甲山系パノラマ2

神戸の六甲山系の眺望の良いところを調査し超大パノラマに挑戦してきた。

東から、ガーデンテラス、天覧台、摩耶山掬星台、菊水山、鷹取山、高倉台おらが山、須磨旗振山

今回は8月23,24日は夏の最中であるが、台風8号が去った後でとても奇麗な空であった。

23日は車を使えない須磨旗振山に行き、午後6時まで現地で4時間待機して夕日のパノラマを狙った。帰りは真っ暗な山道を一人で 少し怖かったが、何とか撮影し、帰って来た.

24日も素晴らしくよい天気であったので、思い切って、車で鷹取山、雌岡山、光山寺(北区日原)の三カ所を廻った。優に120kmを車では走った.

各箇所2〜4箇所を600枚程度撮影し、1週間かかってステッチしていた。

後、高倉台おらが山のパノラマも近日中に撮影にいくつもりです。

—————————————————————————————–

鷹取山(S)——————— 鷹取山(Z)

雌岡山(S)——————— 雌岡山(Z)

光山寺(S)——————— 光山寺(Z)

旗振山 薄暮(S)————– 旗振山 薄暮(Z)

旗振山 夕日(S)————– 旗振山 夕日(Z)

—————————————————————————————–

ガーデンテラス(S)——— ガーデンテラス(Z)

天覧台(S)——————- 天覧台(Z)

摩耶山掬星台(S)———— 摩耶山掬星台(Z)

摩耶山掬星台夜景(S)——- 摩耶山掬星台夜景(Z)

菊水山(S)——————- 菊水山(Z)

菊水山夜景(S)————– 菊水山夜景(Z)

—————————————————————————————–

山での撮影が無理なとき海に行きます。

神戸港(S)——————- 神戸港(Z)

神戸大橋東(S)————– 神戸大橋東(Z)

神戸大橋西(S)————– 神戸大橋西(Z)

—————————————————————————————–

poleカメラのテスト2

7月23日、8月9日にもpoleカメラについて書いたが、アルミ旗竿を用いることを諦め、物干竿(軽量金属パイプクロムメッキ管1+2+1m)2本を分解し1+1.5+0.5+1.5+1mと組み替えた。しかし、撮影時の揺れは習熟していないと、うまく行かない。 以前に水平、垂直撮影用の固定金具を作ってあるものを引っぱり出して、ベランダに固定して撮影してみた、水平撮影は少しズレが残っているが。まあまあである。 画像をクリックして見てください。

水平pole撮影

垂直pole撮影

物干竿

アルミ旗竿+L型ブラケット+8mmで水平6枚撮影は割と精度よく撮影できるのですが、10.5mmで水平8枚撮り天1、地2枚撮影すると、ズレが目立ちます。  物干竿1+2+1のもの2本を1+1,5+0.5+1,5+1に組み替えました。中の0.5mは継ぎ手用として長さには貢献していません。布団の重量でもすこしたわむ程度ですからしっかりしています。 物干竿4mものならそのままつかえますよ。積水のスチール製です。縮めると2mに成ります。太さは直径29mmなのでしっかりしています。 2mないし3m位の位置で枝や軒に少しもたれさせると、ブレが減少しうまく行きます。  高さ3m位なら、三脚に一脚を逆さに載せて、使うとぶれは一切でませんでした。ただし一脚の細い先に1/4インチのネジをどのように、付けるか工夫がいります。

六甲山系パノラマ

神戸の六甲山系の眺望の良いところを調査し超大パノラマに挑戦してきた。

東から、ガーデンテラス、天覧台、摩耶山掬星台、菊水山、鷹取山、高倉おらが山、須磨旗振山

今回は8月23,24日は夏の最中であるが、台風8号が去った後でとても奇麗な空であった。

23日は車を使えない須磨旗振山に行き、午後6時まで現地で4時間待機して夕日のパノラマを狙った。帰りは真っ暗な山道を一人で 少し怖かったが、何とか撮影し、帰って来た.

24日も素晴らしくよい天気であったので、思い切って、車で鷹取山、雌岡山、光山寺(北区日原)の三カ所を廻った。優に120kmを車では走った.

各箇所2〜4箇所を600枚程度撮影し、1種間かかってステッチしていた。

—————————————————————————————–

鷹取山(S)——— 鷹取山(Z)

雌岡山(S)——— 雌岡山(Z)

光山寺(S)——— 光山寺(Z)

—————————————————————————————–

ガーデンテラス(S)——— ガーデンテラス(Z)

天覧台(S)————— 天覧台(Z)

摩耶山掬星台(S)——– 摩耶山掬星台(Z)

摩耶山掬星台夜景(S)—— 摩耶山掬星台夜景(Z)

菊水山(S)—————— 菊水山(Z)

菊水山夜景(S)————– 菊水山夜景(Z)

—————————————————————————————–

山での撮影が無理なとき海に行きます。

神戸港(S)————– 神戸港(Z)

神戸大橋東(S)————– 神戸大橋東(Z)

神戸大橋西(S)————– 神戸大橋西(Z)

—————————————————————————————–

菊水山350゜

5月29日に菊水山に行った。3回目である、もう少し遠くまで見えることを期待していたのですが、少し霞んでいた。

同じように、4回目、撮影する気にもならなかった。

8月2日は夕刻に行った。日没直後15分だけが良かった。

5回目は早朝に行ったが霞んでいた。

6回目、8月14日は午前中に行った。なんとか成りそうなので、4カ所で撮影した。

4カ所をステッチし合成するのに丸3日かかった。 113,950×14,500=16.5億ピクセルあるので、Zoomifyで出力してWebに載せることにします。 これらは360゜の展望と言いたいのだか、北側10゜ほどかけています。これらの元図はそれぞれ東、南、西、北のパノラマです。

撮影 2009/08/14 AM11:53から

機材 Nikon D90, Nikon VR105 F2.8G

設定 S=1/160 F=11 ISO=200

場所 北緯=34°42’31.3″ 東経=135°09′09.2″ 標高=461m

画像をクリックしてみてください。

東側 阪神間                                  南側 須磨海岸方面

西側 明石海峡方面                       北側 神戸市鈴蘭台方面

 瀬戸の夜景のM.MurakamiさんのJava Scriptを借用しスクロール画面で表示しました。jpgの制限25,000pixcleの制限が有り、幅113,950を幅25,000まで縮小しました。

 スクロール画面                               ピストンスクロール画面

神戸大橋2

5月12日に神戸港の神戸大橋より東側と西側を撮影した。

午前中だったので神戸大橋の東側方が光線的にはよかった。

撮影 2009/08/12 AM9:23

機材 Nikon D90, Nikon VR105 F2.8G

設定 S=1/2.5 F=11 ISO=400

場所 北緯=34°40’45.1″ 東経=135°12′05.8″ 標高=5m

画像をクリックしてみてください。

神戸大橋

5月29日に神戸港の神戸大橋より東側のパノラマを公開したが、今日は西側を作成した。

実は、台風が紀伊半島沖を通過したので、大阪湾の雲も一掃されていると思って5度目の菊水山登山となった。しかしながら、少しは見晴らせたが、紀伊半島および淡路洲本までは見えなかった。2時間ほど我慢したが、あきらめて、ポートアイランドに行き、神戸大橋の西側を撮影した。東側はまだステッチが完了していない。やはり3段90枚のステッチは優に2時間から3時間かかる。追々公開します。

撮影 2009/08/12 AM8:49

機材 Nikon D90, Nikon VR105 F2.8G

設定 S=1/2.5 F=11 ISO=400

場所 北緯=34°40’44.0″ 東経=135°12′23.4″ 標高=32m ??

画像をクリックしてみてください。

poleカメラのテスト

7月23日にもpoleカメラについて書いたが、H=5mではポールの先端が撓みと揺れで、ステッチが不可能になってしまう。PTGuiの設定でSiftを用いても、どこかでずれが残ってしまった。そこでアルミ旗竿を用いることを諦め、物干竿(軽量金属パイプクロムメッキ管1+2+1m)2本を分解し1+1.5+1+1.5+1mと組み替えた。その先端にφ22mmのアルミパイプ1mを入れ最大6mのポールを作った。 しかし、撮影時の揺れは習熟していないと、うまく行かない。 当面、撮影時に、高さ3m位の高さで、樹木の枝や、軒先などにもたれさせて揺れを防ぐ方法で、やればなんとか、行けそうです。

画像をクリックして見てください。

Nikon+nikon10.5- 1+8+1枚

Nikon+sigma8- 0+6+0枚

菊水山360゛の夜景

8月2日に菊水山に登った。一番夜景が美しい日没直後は8月3日に掲載したが、残りの南側、西側、北側もステッチが完了したので、公開します。これらは日没直後の美しい構図にならなかった、撮影枚数約300枚、撮影ポイント4カ所を順次撮影していくと約60分、やはり15分が勝負です。

画像をクリックして見てください。

東から南まで

撮影 2009/08/02 PM7:19

機材 Nikon D90, Nikon VR105 F2.8G

設定 S=1/2.5 F=11 ISO=400

場所 北緯=34°42’31.3″ 東経=135°9′11.0″ 標高=456m

東から南までの高詳細画