妙見山下調

今日はサイクリングかたがた妙見山の下調です。

1.久留麻当たりから山に登りだし、北側から県道157号線を大塔峠迄行って、跡は徒歩。

2.仮屋港の南釜口当たりから、月の山観音当たり迄車で行って、後は車は?、徒歩。

3.佐野小井から登山道を登る。

色々有りそうですが、1、県道と行っても名ばかり、2mに満たない所も有るとのこと、2.は勾配がきつく、電動アシスト自転車でも駄目です。車も月の山観音迄のようです。3.完全に徒歩のみ。

3.で行くときは岩屋から佐野小井までバスを使う方が良いでしょう。660円 ただし1時間に1本で 14時台はなし。とても少ないです。

20140316

月の山観音への登り口はこの観音山の裏から

DSC_1922

登山口は

DSC_1923

往復35km程のサイクリングでした。

 

輪行その5

今日は、目医者に行くことにした。電車で行くので一度自転車を袋に入れて乗ることにした。神戸市営地下鉄妙法寺駅から新神戸(布引)駅まで。やはり18kg+予備バッテリー+袋=20kg超え、腰を痛めそう。診察は早く終わったので、ここから自転車で帰ることにした。北野町で「グラシアニ邸」の復元工事が進んでいるのをみて、平野では「烏原水源地」を一周し、長田神社をかすめ、板宿八幡神社をかすめて、妙法寺山門をかすめて、横尾まで18kmを2時間30分。しんどかった。

輪行その4

今日の天気予報は1日晴れ。何処に行こうか迷ったが、10時に家を出た、Gwrminのスタート設定を忘れていて、1km程行ってから設定しました。今日の輪行距離は37km程度でした、バッテリーはほぼ使い切ったかも、予備のバッテリーは一切使わず40kmくらいは行けることが分かりました。カタログでの走行距離は、平坦値で90kmと有りますが、神戸の坂を考えると1/2ですね。あと3km程度の所でバンクしました。幸いにも名谷センターに自転車屋が有るので、修理に持って行って1時間程ロスしました。

TrailRunner

TrailRunnerの基礎ベースは5種類あり、道路地図ベースにすると

Open street Map

地形

地形図

衛生写真 

国土地理院の地図は有りません。

電動アシスト自転車2

Kyowa YB20Aの折り曲げ機構で伸ばして固定レバーの安全装置は下記のようなプラスチック製です。ON-OFFの表示逆だと思うが

安全装置を解除して、レバーを外そうとしても、凄く固く調整されているので、思い切り引くと弾みで、安全装置間爪が掛かっていても弾みで引っ張ることとなる。何回かやっているうちに、プラスチックの爪が欠けてしまいました。

ヤムを得ずアルミ板4mmで写真のように作り直した。

ついでにスピードメーターを付けた。走行速度,最高速度,平均速度,走行時間,時刻が測定出来ます。回転計測センサーと表示板を有線で繋いだものが¥980で送料が¥700です、無線のものが¥3,000程度です。

 

今の所、下記の様に附属を付けました。荷台と輪行バックはダサイですね。

輪行バック

何でもスーパー「コウナン」へ行ったら、輪行バックが1,500円程度でうっていた。このバックL=850,H=600,D=400で手提げと言うか、肩掛け用の帯が着いていました。サドルを付けたままでも、バックにすっぽり収まりました、

 

 

 

 

 

 

 

 

18.5kgはさすがに重い。カメラや機材などのリックサック12kg.と同時に持てそうもありません。

前と後ろを別々の袋に入れて下を少し開けて、押して行くようにしても、駅の改札を通れるかな。バスはだめでしょうね。

輪行その1

今日はおにぎり2つと、お茶をもって、目的地を決めずに輪行です、カメラはD90+14〜24mmレンズでほかは何ももって行きませんでした。取り敢えず南に向かって行きました。途中で明石まで行こうかとも、思ったのですが、垂水のマリンピア当たりで、電動アシストのトルクセンサーの不調を感じこれ以上遠くに行くのが不安に成り、北へと登って、地下鉄「研究学園都市駅」を目指した。駅で自転車を折って、乗れますかと聞くと、「袋に入れてください」と言われた。輪行バックはもってきていなかった。辛いがここから線路沿いに家までへたへたになりながら、帰った。

電動アシスト自転車

電動アシスト自転車を買った、夜道を一人で歩くのがなんだか心細いとき、自転車に乗って紛らわしたり、ちょっと重たい機材を担いで、長い距離を歩くのが、だんだん苦痛に思い始めてきました。いつまでも若い訳ではないので此れも仕方ありません。 自転車は「kyowa」の20インチの折りたたみ電動アシストYF20Bです。車のトランクに入れて、遠出でした時も使えるように折り畳み方式にしました。いろいろ検討しましたが、輸入物はバッテリーの交換品が入手出来るかどうか心配でした。国産品は少し高いが、その点は安心出来ます。でも国産品で、デザインの良い電動アシスト折りたたみ自転車はとても少ないです。
6月3日に現物が来ました。早速此れに乗って「コウナン」へ坂のあるルートで行きました。横尾から啓明学院へ坂を上り、北須磨団地を東西に横切り、名谷団地から奥畑へ行く坂を下り「コウナン」いって鍵を買いました。サドルの盗難防止用のワイワー錠も買いました。帰りは垂水妙法寺線を登ってトンネルを通過して妙法寺駅経由で帰ってきました。途中息切れを起こすことは一度もありませんでした。

折りたたみ時(携帯用カバーに入れて電車に乗せられるかな)。

予備バッテリーを付けられないかな

電車に持ち込む時2つに折ってカバーをする?   簡単にキャリーに乗りそうにない。

2つに折っても車輪は動くかな。後輪はバック方向にはロックが働き回らない。1m程度のハイキングスティクをテコ状に差し込んで、ペダル部分を持ち上げ引っぱり回すことが出来ました。改札を通過するときは駅員に一番近い幅が広い所を通らないと通過出来そうにありません。やはりカバーが要りそうです。(電車に載せる時折り畳んで、もしくは車輪をはずすなどして、カバーの中に入れなければ、持ち込めないようです。神戸市営地下鉄で袋に入れてくださいと言われました。)