スマホ予備充電器

スマホの予備バッテリーはいろいろありますが、10,000mhくらいのものは。2,000〜3,000円程度します。今回見つけた「充電池式モバイルバッテリーPB1000」(1,458円エネループ,約1,000円 ①コード約800円)(は単三乾電池もしくは充電式単三を使用しているので、GPSのバッテリーとしても転用できるので便利です。

スマホに充電するときは①を接続し、②を切り離し、

充電するときは①を切り離し、②を100Vのコンセントに接続します。

充電式単三を専用の充電器で充電する方が早く充電できます。

gigapan epic pro battery

久しぶりにGigaPan Epic Proを取り出したら、battery が劣化していた。充電し直したが、だいぶ劣化しているのか。出力がおぼつかない。サポートとして、こんなものを作ってみた。正規の予備batteryは海外で60〜70ドル、日本の通販で18,000円前後。こんなバッテリーに18,000円もかけてられない。

充電式単三電池12本(3,000〜4,000),充電器3個(4,000),プラグ外形5.5mm,内2.1mm(200円から300円ほど)。充電器が1個でいいなら5,500円ほどで治ります。ケースは百均の筆箱です。付属の充電器の出力は9.6Vと表示されていますが、11.87Vあります。実際使用しているバッテリーはGigaPan Rechargeable 7.2V 4300mAh Capacity Ni-MH Battery Pack for EPIC Proですが7V程度でも作動します。上記は1.2*6=7.2V 1900*2=3800mAhですが実際は8.45Vあります。

GPS

GARMIN eTrex30と GARMIN OREGON650TCJ2の両方を持って記録を比較しようとしましたが、GARMIN OREGON650TCJ2のDataが途中で飛びまくっています。これは機器をリックの腰ベルトの小物入れの位置に入れたりすると、GARMIN OREGON650TCJ2のガラス面が、擦れることによる、誤動作の結果です。反応が良すぎて誤動作を起こしてしまいます。困ったことです。

下図赤は,GARMIN eTrex30。青はGARMIN OREGON650TCJ2です。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年は富士登山に挑戦し、皆様に助けられ、登頂し、無事下山できました。

9合9勺9分辺りから山中湖方面のご来光