titol
Home Wordpress Earlier QTVR of Scenes  

 

 
国土地理院の電子国土Web.NEXT
 
   

 

  p1

電子国土Webシステム(旧版)は作図などはAPIプログラムをダウンロードし、各自のPC上で作業したが、

電子国土Web.NEXTは電子国土Webのホームページから入力し、ファイルをダウンロードすると、各自の書き込みData がkmlもしくはkmz形式で得られる。

 

左記「電子国土Web.NEXT」 をクリックする

 

 

 

     
  p2

「作図」をクリックする

 

 
 
 

 

書きたい内容のアイコンを選択し、マウスで地図内に書き込んで行く。

保管する時は「ファイル操作」をクリックする

 

   

 

  p4

「保存」をクリックすると書き込んだものが保存されます。

ファイルはダウンロードファイルとして、ユーザーのダウンロードホルダーにダウンロードされます。

   

 

  p5

「ファイルの選択」をクリックし、「読み込み」でダウンロードされたファイルを読み込むと、左図のように読み込んだファイル名が表記されるとともに、地図に反映されます。

     
  p6

新規に、Dataを書き込んで保存すると、ファイルは別名で、保存されます。

     
 

これら2つのファイルを選択し読み込むと、左図のように表記され、地図には2つの内容が、同時に表示されます。

ここで「一括保存」で保存すると、新規の別名で、Dataも一括されたファイルとして保存されます。

   

 

  p8

一括保存された、ファイルを読み込んで確認しました。

作図の基礎を説明しましたが、「作図」のパレットのアイコンを色々試してください、地図に書き込む一応の操作が出来るでしょう。

これをGPSに転送出来ればカシミールに匹敵するのでしょうが、其の機能は有りません。GPSに書き込むには、このkmlファイルをカシミール3Dに読ませて転送すれば良いでしょう。カシミール3Dの転送機能は無料の範囲です。

 

   

 

  24

上記で地図書き込み、保存でダウンロート゜ファイルを得たものを、電子国土Web Nextの地図と合わせて、Webで閲覧出来るように、htmlファイルに記述して。自前のサーバーに置いてみました。

左アイコンをクリックしてみてください。

     
     
    Back