Garminで記録したデーターをカシミール3しに取り込む
 

Garmin をUSBコードでバソコンと接続し、カシミール3Dを立ち上げる。Garminの画面に、「マスストレージモードで接続しますか」と表示されたら、「はい」を選択します。しばらくすると自動的に、接続されます。

カシミール3Dのメニューバーの「通信」をクリックし、「GPSナビゲーションの開始」を選択し、「GARMIN GPS (232C/USB)」を選択する。

USBドライバーが必要と表示されても無視して良い。取り敢えず「開始」をクリックします。

2画面が現れるが、「OK」をクリックします。青い画面も閉じます。

カシミール3Dの2段目のメニューバーのハンデー無線機のようなアイコンをクリックします。次の画面が現れます。

その画面は「GPSエディター」の画面です。

その「GPSエディター」の「通信」ををクリックし「GPSからダウンロード」を選択します。さらに選択メニューが4つ出ますが、「すべて」を選びます。その下の3項目は必要に応じて選択してください。

 

続けて、左図の画面が現れます。

スマートストレージ接続、

MINのドライブ「H:[GARMIN]」

となっている場合はダウンローど可能です。

ドライブ「H」はバソコンの状況によって異なりまが、[GARMIN]と「OREGON」などGarminの機械と接続されている表示がなければなりません。

開始をクリックします。

 

途中「OK」を何回も押す必要がある場合もあります。

左図のように読めないファイルはOKを押してパスします。

転送が終わると左図の表示がでます。

これでカシミール3Dに取込が終わったのではありません。

 

「すべて」を選択して、GPSからダウンロードすると、ウェルポイント、トラック、ルートの3つが一度にダウンロードされます。

ただし取込準備画面まで進んだということです。

カシミール3Dに取込たい、ウェルポイント、トラック、ルートを選択状態にします。

そして、「アップロード/ダウンロードリスト」画面のメニューの「カシミールに保存」を選択し、「選択したデーター」を選択し、「リストにあるデーターをGPSデーターとして保存します」の「OK」をクリックします。

 

これでカシミール3Dにデーターがダウンロードされました、左図の左端のGPSデータのアイコンの下の「ウェルポイント」「ルート」「トラック」各ホォルダーをクリックするとデータの一覧が観れます。

左図はトラックの一覧です

左図はウェルポイントデーターです。
   
   
   
取り込み直後はそのデーターが選択状態になっているのて、そのデーターの黒地の赤稲妻のアイコンをクリックすると

そのデーターの詳細がわかります。

取込直後でない場合でも、

見たいデーターのアイコンをクリックすれば詳細が見れます。

ウェルポイントの詳細も見れます。

以上で「Garminで記録したデーターをカシミール3Dに取り込む」、は終わりです。

この作業のみで終わる場合は、終わり際に変更を保存しますかと問われるので、「保存」を選択してください。

カシミール3Dでトラックデーターを作成する

 

「カシミール3Dで、ルートを描きたい」、スタート地点にマウスを合わせます。

右クリックし、「新規作成」、「登山道作成」を選択する。

マウスを描きたいルートに沿って、動かし、ルート上でクリックして、折れ線のルートを作成する。クリック点を間違った時は右クリックすると1段階戻ることができます。

ルートを描き終わった点で、右クリックし、ルートを確定してください。

左図のルートプロパティで名前を確定します。

OKをクリックすると次のような画面になります。

なんとも恐ろしい、ルート図ができます。

マウスを黒いアイコンの列に近づけて右クリックし、「ルートの操作」「トラックの変換」を選択します。

黒いアイコン列がラインに変化します。

 

メニュー欄の無線のようなアイコンをクリックすると左図の「GPSデーターエディター」の画面が現れます。

「トラック」をクリックするとトラックデーターが見れます。

ガーミンを終了させようとする、「保存しますか」となるので、「保存します」を選択すれば、作成した、トラックは保存されます。

   
データーをカシミール3Dに記録し、Garminに戻す方法  

 

ここで終了せずに、

 「GPSデータエディター」の「通信」をクリックし、「GPSへアップロード予約」を選択し、「選択データー」を選択します。

 

「アップロード/ダウンロードリスト」の画面が現れます。

Garminに送りたいファイル名を選択状態にし、メニュー欄の「アップロード」をクリックします。続けて出現するダイアログで、転送するデーターの種類を指定します。

この場合は「トラックデーター」です。

1点のみの「ウェルポイントデーターム」でも転送できます。

 

続いて、「アップロード/ダウンロードリスト」画面の上に、「GARMZINとの通信」が出現します。

「マスストレージ接続」、MINのドライブ 「H:[GARMIN]」となっていれば転送ができます。

GARMINに転送されるファイル名は長くて覚えられないような名が、自動的につけられます、変更しないでください。

変更すると、GARMINの中で読めなくなります。

左図のダイアログでOKを選択し、

カシミール3Dを終了させてください。

この時変更は保存してください。

GARMINのUSBを外して、電源を入れ直して、今転送したデーターを確認してください。