titol
Home Wordpress    
4.(5)Fetchの使い方
fetchを起動する
購入する前に

Not Yetでしばらく使ってみる

Hostname : アクセスしたいサイトのURL(http://は書く必要なし)

Username : アクセスサイトのftpルート名

Password : アクセスサイトから知らされているパスワード

アクセスサイト側にアカウントが設定されており、

ftp rootに3通りの設定方法が有ります。

Connect useingはFTPとする。

サイトによっては、認証方法が

SFTPを、FTP wuth TLS/SSL、FTP with GSSAPIを要求することもある。

アクセスに成功すると、相手側のアクセスポイントの中が表示される。

不可視ファイルまで見えている。

フォルダーをクリックすると、その中のファイルの一覧が表示されます。

不可視ファイルはダウンロードしてもファイルとしてとれません。

Sitesの中
ダウンロードしたいファイルをクリックし

Getをクリックすれば、ダウンロードできる。

取りたいファイルやホルダーをクリックアンドドロップでもダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルは、ご自分のアカウントのダウンロードホルダーの中です。

例えば、コンピューターを立ち上げるときのユーザーが

yokooなら第一階層のユーザーホルダーの中にyokooがありその中にサイト、ダウンロード、ディスクトップ、パブリック、ピクチャ、ミュージック、ムービー、ライブラリー、書類の各ホルダ-があります。

アップロードは
アッブしたいホルダーの中を表示してから Putをクリックする。

新規のホルダーをアクセス側から作成することもできます。

Putをくりつくすれば送りたい側のファイルを指定する。

ファイルやホルダーを指定した後Putをクリックする。

送りたい先の画面にジドラッグアンドドロップしても送れます。

相手側のファイルやホルダーを削除することも可能ですから、Password の管理には十分な注意が必要です。

Back