titol
Home Wordpress    

 

 
MacOSX Moutain Lion Server10.8.4にMySQLを
 
   

MacOSX Moutain Lion Server10.8.4にMySQLをダウンロードするなど1からインストールした場合、apach2やPHPがないとエラーが出る場合が有ったが、7月の中頃のバージョンアップにより解消されていると思います。職のリストアーを用いる場合は、必ずバージョンアップを行ってください。

 

  1

http://www-jp.mysql.com/downloads/mysql/

ここにアクセスし

Mac OS X ver. 10.6 (x86, 64-bit), DMG Archive

(mysql-5.5.20-osx10.6-x86_64.dmg)

をダウンロードする。

     
  2

E-mail,Passworを入力しない場合は、

No thanks をクリック

     
  3 ダウンロードサイトを選択
     
  4

ダウンロードしたものを解凍すると、

パッケージ2つ、prefPaneファイル1つ、

Readmeファイル1つがある。

パッケージ2つ、prefPaneファイル1つを

順次クリックしてインストールする。

 

     
  9

インストールが終了すれば

システム環境設定で確認

 

     
  12 Start MySQL Server
     
  5 Stop MySQL Server
    ThinkerTool開発元か
    Softonicでダウンロードしてください
  6

mysqlがインストールされている場所は通常で

は見ることができません。

ThinkerToolで隠しファイルを可視ファイルの

状態にして作業することとします。

安易にファイルをクリックしないこと

 

     
  0

my.confがないのでmy-small.cnfを利用する。

「ターミナル」は「アプリケーション」の

「ユーティリティー」の中に有る。

「ターミナル」を開き、左記のように入力し、

cp /usr/local/mysql/support-files/my-small.cnf ~/Desktop/my.cnf

リターすると、Desk topにmy.confが出現する。

これをエディターで編集する。

ターミナルを用いて編集もできるが習熟していないと

できません。

    miテキストエディターで編集
  7

38行目あたり、

character-set-server=utf8

追記

 

     
  8

83行目あたり

default-character-set=utf8

追記

エディターで保存する時

文字セットは UTF-8 とすること

Disktop上の「my.conf」を/etc

ディレクトリーにコピーする為に

ターミナルで

sudo cp ~/Desktop/my.cnf  /etc/my.cnf

とする。

パスワードを求められたら、そのMacの管理者の

パスワードを入れる。

コピペでコピーしても良い。

 

     
  11

MySQLを再起動するため「システム環境設定」の

「MySQL」をクリックし「MySQL」

を起動している状態にする。

名前、バスワードはそのMacの管理者の

パスワードを入れる。

     
  101

ターミナルから、「MySQL」を用いるときに必要な

パスワードを設定する

/usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password パスワード

左記のように abcdefg の所にあなたが設定したい

パスワードを入れる。

パスワードを 'abcdefg ' で挟むように記述

している場合が多いのですが

なくても設定できるかもしれません。

よくわからない。

   

 

  103

/usr/local/mysql/bin/mysqladmin reload -u root -p

再読み込みをする

passwordをもとめられるので、先ほどのpasswordを入れて、

エラーが出なければ、password設定に成功しています。

     
  104

「php.ini」を編集するのですが当初php.iniがないので、

php.ini.defaultをコピーして、利用します。

sudo cp /etc/php.ini.default  /etc/php.ini

見えている場所からDesktopにドラックコピーして

エディターで編集しても良い。

     
  105

sudo nano /etc/php.ini

ターミナルコマンドで左記のようにコマンドすると、

「nano」と言うエディターがターミナルの

中で動くので、ここで編集する方法も有ります。

    編集が拒否されるときはパーミションを変更してください。
  105

;を付けて

mysql.default_socket = /var/mysql/mysql.sock

を無効にし

mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock

を追記

     
  105

;を付けて

mysqli.default_socket = /var/mysql/mysql.sock

無効にし

mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock

を追記する。

ソケットを変更することになる。

 

   

下記3行の値が小さいと、Dataを移行させるときに支障が出るので、変更しておくと良い。

値は8でもいいが64でも128でも良いでしょう。

465行目を memory_limit =128M に

740行目を post_max_size = 128M に

891行目を upload_max_filesize = 128M に変更する。

     
     
  13

「php.ini」はここに戻します。

上書きすることとなる。

以上で「MySQL」、「PHP」は稼働するが

「phpMyAdmin」をインストールし、

見ながら操作できる方が便利であり、

P-BlogやWordPressなどの

インストールが優しくなる。

     
     
  16

 http://www.phpmyadmin.net/home_page/index.php

にアクセスし「phpMyAdmin」

をダウンロードする。

     
  17 zip形式を選択
     
  18

解凍ししたものが

「phpmyAdmin-3.4.9-all-languages」

であるが

「phpmyadmin」に変更し、

Mac OSX 10.7.0以降はLionだから

/Library/Server/Web/Data/Sites/Default/の場所に置く。

     
 

 

ターミナルで下記のようにコマンドして、

config.sample.inc.phpをDisktopにコピーする。

cp /Library/Server/Web/Data/Sites/Default

/phpmyadmin/config.sample.inc.php

 /Desktop/config.inc.php

もしくはコピペでDisktopにコピーする。

     
  19

「config.inc.php」をエディターで編集する。

17行目あたり ''  の中に何でもいいから記入する

迷うなら abcde1234567 で良い。

 

     
  20

50行目あたりから57行目あたり8行の先頭の「//」を削除する。

phpMyAdmin Ver4.0.4.1は48〜60行の13行に変わっている。

ファイルを保存するとき、文字モージは UTF-8 として保存する。

このファイルを

/Library/Server/Web/Data/Sites/Default

/phpmyadmin/

ここに戻す。バスワードはこのMacの管理者パスワード。

     
 

 

21

Max OSX 10.6.8までは下記4通りが同じ

アクセスポイントにアクセスしたが、

http://localhost/phpMyAdmin/

http://127.0.0.1/phpMyAdmin/  

http://ローカルランTCP-IP/phpMyAdmin/

http://取得してドメイン/phpMyAdmin/

にアクセスできるようにする為には/Library/Server/Web/Data/Sites/Default/に置いた。

ユーザー名は  root

パスワードは   

「パスワードを abcdefg ' で挟むように

記述している場合が多いのですが」で入れたもの

 

     
  22

phpMyAdminで「MySQL」に入れたときの画面が狭いので

右下をドラッグして広げる

     
  23

インポートをクリックして

 

     
  24

「phpMyAdmin」の「scripts」の

「create_tables.sql」をインポとする。

実行をクリック。

これで完了

     
    Back