titol
Home Wordpress    

 

  3 (2) Power Macintosh G3 の分解  
1.G3を分解すればこれだけ。 2.スターターボックスはなくてもマザーボードのスイッチで起動できる。
3.ハードディスクはマスターの設定で1台のみ接続可。 4.ただの鉄の箱
5.二段目の内蔵MOのセッティングは全面に引き出してする。 6.ただの箱の厚化粧。
7.化粧落としに失敗、中央リンゴの後ろに爪が有る。 8.IEEEのモジュールは後付けのセットであった。
9.DOSVの味気ない箱よりはいいが、鉄の骸骨。 10.歳組み立てで、再起動に成功。
11.スビーカーは純正では有りません。DVOS用の\300程度のもの。 12.クラフィクボードはぐらぐら
13.各端子の接続位置 14.マザーボードの裏側
back