「スーパー地形」は多彩な機能がありますが、トラックの記録・表示をしたい場合の説明です。全ての昨日はこちらのマニュアルをみてください。

https://www.kashmir3d.com/online/

superdemapp/manual/

課金方法が、¥750/年に変更されています。

[1].地図画面

 


・地図はスワップするとスクロールできます。

・ダブルタップもしくは、ピンチアウト/インで拡大縮小が可能です。

・指1本でのズームにも対応しています。

・地図画面を、指でダブルタップすることにより拡大縮小することも可能です。

[2].地図の操作

 


・右上のコンパスマークをタップし、切り替えることができます。


地図の北を上にする(ノースアップ)


スマホの向きに(ヘッディングアップ)


進行方向に合わせる(GPSオンが必要)


指で回転する


[設定][地図]でも、切り替えられます。

[3].GPSの受信状態

 


位置精度は最も良い


位置精度は少し劣る


位置精度は悪い


位置精度はかなり悪い


( はoffの表示)


現在位置が常に地図中心


地図履歴を表示


地図を全画面表示


地図を全画面表示に戻す


・地図位置の情報をメール、Lineで遅れます。受けた側はDataのURLをタップすると、現在位置が地図に表記されます。

[4].地図の一括ダウンロード

・地図の一括ダウンロードでダウンロードしておくことで、スマホの電波が届かない地域でも地図をつかえます。


・ダウンロードできる地図は下記の地図です。


・スーパー地形データー

・スパー➕地図

・地理院地図(平面)

・標高データー


・「オフラインを解除してください」と警告が出る場合は全般をタッブし、オフライン使用を解除してください。


・[ツール][地図の一括ダウンロード]をタッブします

・青の桝はダウンロード済

・赤の桝は未ダウンロード

・ダウンロードしたい桝をタップすると黒くなります

・「ダウンロード開始」をタップすると、ダウンロードが開始されます。

・「取得済一覧」で一覧表は見れますが、どんな地図か関連がほとんどわかりません。

・一度にダウンロードできる区画は16区画程度です。


・取得後、一旦「もどる」をタップし、再度「ダウンロード画面」を表示させて、確認してください。

[4].検索する

 


・地名や山名、緯度経度、UTM座標、MGRS(UTMグリッド)、GPSデーターを検索して、その場所にジャンプできます。

[5].パノラマ展望図

 


 

[6].GPSトラック記録

 

6-1記録の開始

.の「トラック(軌跡)の記録」をタッブし、「トラックの記録開始」の「はい」をタッブします。

6-2記録の終了

.の「トラック記録の終了」をタッブします

・「トラック記録の終了」の「はい」をタッブします

・名称: を入力します(そのままでも記録はされます)

・保存先: のフォルダーアイコンをタッブして、保存したいフォルダーを選択します。(そのままの場合は親フォルダー「トラック」に保存されます。)

6-3記録の一時停止

.の「記録の一時停止」をタッブします。

・再開方法について洗濯します。どれを洗濯しても、手動で再開できます。

6-4トラック記録の再開

.の「トラック記録の再開」をタッブします

・「トラック記録の再開」の「はい」をタップします

6-5トラック記録の確認

.の「トラック記録の確認」をタッブします

・トラック記録ファイルの一覧が表示されます。

・この中に記録したファイルがない場合、どのフォルダーに保存したのか調べるために、「フォルダー選択」をタップしてください。フォルダーを作っている場合は、それらフォルダーが表示されます。

6-6フォルダの作成

.の「トラック(軌跡)一覧」をタップします

・「フォルダーの選択」をタッブします。

 


・トラックと言う名のフォルダーをタップすると左記が表示されます。

・「ここにフォルダーを作成」をタップします。

・フォルダーの名前を入力し、「ok」をタッブします

6-7孫フォルダーの作成む

 

 

・トラックと言う名のフォルダー以外を選択した時は、その選択したフォルダー内に、新しいフォルダーが作成されます。

 

・親フォルダーの名が「トラック」なので「トラック」内に10個程度のフォルダーを作って、トラックやコースのDataを整理してください。

 

・親フォルダーの「トラック」の中に作った其々のフォルダーの中にも孫フォルダーを作ることができます

・「トラック」以外のフォルダーをタップすると

フォルダー内を表示

フォルダーを移動*

ここにフォルダーを作成

外部への出力

名称変更

削除

 

*親フォルダー「トラック」を洗濯した場合は表示されません。

6-8軌跡ファイル(軌跡Data)の移動  

・移動させたい軌跡ファイルの入っているフォルダーをタップしてファイルの一覧を表示します。

・移動させたい軌跡ファイル名の左の○をタップすると、丸の中に数字が付加されます。

・移動させたい軌跡ファイルの一つ一つをタッブして、其々に数字を付加します、そして下の選択メニューをタップします。

・「フォルダー移動」をタッブします。

・移動先のフォルダーをタッブします。

・ここに移動するのか、ここにフォルダーを作ってそこに移動させるのか、確認があります。

・既にたくさんのフォルダーを作っている場合は、「ここに移動する」をタップします。

・再度確認、「はい」をタップすれば、移動は完了します。

・フォルダーの移動も同じ容量です。

[7]軌跡ファイルの表示  

・一覧の中から表示したいファイルを選択し、タップします。

・「表示」は軌跡を地図に表示

・「プロパティー」は軌跡ファイルのプロパティ編集

・「トラックナビ」は軌跡のナビゲーション

・「外部への出力」は軌跡ファイルのメール送信等です。お友達に軌跡ファイル(Data)を送ることが出来ます。

・「フォルダー移動」は軌跡ファイルの移動です。ファイルを整理することが出来ます。

・お友達から軌跡ファイル(Data)を貰う方法は「来る来る神戸」「Mt」「ルートDataの転送方法」をみてください。

[8]トラックナビゲーション  

をタップし、GPSをONにします。

・「GPS」をタップします。

・「ナビの開始」をタッブします。

・「トラック(軌跡)ナビ」をタップします。

・トラック(軌跡)ファイルの一覧からナビゲーションしてほしいトラックを選択し、タッブします。

・軌跡ファイルに保存されている順序通りのナビゲーションか、逆順のナビゲーションかを選択し、タップします。

・全て設定し直しすることが出来ますが、このままでも支障ありません。

・一番下の「ナビ開始」をタッブします。

・ナビが開始され、軌跡が上書きされます。

・元の軌跡ファイルが書き換えられている訳ではありません。

・ナビゲーションを終了させるには「GPS」「ナビの終了」をタッブします。

・地図画面にはナビゲーションしている軌跡が(軌跡の保存で設定した色)赤で表示され、現在軌跡の記録は青で表示しています。あなたが好みの色に設定してください。

・地図画面にはナビゲーションしているトラック(軌跡)が赤(以前に記録した時に設定している色)で表示され、同時に新たに記録しているトラック(現在設定している色)青で記録が表示されています。あなたの好みに合わせて設定してください。

 

 

  Back