Geographica

iPhonの場合

ファイルData.gpxの遣り取り


[1].スマホのメールアプリの受信欄を開きます

[2].gpx形式のファイルが添付されているとします。

添付されているファイルをタップすると、


[3].左の画面のようになります。

右肩のアイコンをタップします。

[4].送るべきアプリのアイコンが現れます。横にスライドさせれば、沢山みれます。ここでは、お友達からもらったと想定し、それをGeographicaに取り込みます。 Geographiciaのアイコンをタップします。

gpxファイルが読めるアプリが複数ある場合は、そのアプリのアイコンが表示されるので、読ませたいアプリを選択します。

[5],「はい」をタツプします。


[6].「はい」をタツプします。

[7]. ファイルが読み込まれて、トラックが表示されます。

 

ここまでは、ファイルを読み込ませる説明です。

ここからは、ファイルをお友達などまた、自分のバソコンに送る方法の説明です。

 

[8]. メニューアイコンをタッブします。


[9].ファイルをタップします。

[10].トラックを選択します。

[11]お友達などに送りたいファイルDataを選択します。

フォルダの中のファイルを見るためには、フォルダの右のアイコンをタップします。


[12]ファイルの左をタッブし緑のアイコンを付加します。

そして、左の最下段のアイコンをタッブします。


[13].通常は「GPXメール送信」を選択します。

しかしDocomoメールやgmailメール,yaphooメールなどを持つておられる方は、何が選択されたかわからなくなるので、一旦「GPXエクスポート」を選択し、各種アイコンが表示された中から、メールアプリを選択してください。

 


[14].特にDocomoメールはファイルが壊れるので、選択しないでください

[14].送り先のメールアドレスを入力します。メールによっては連絡帳から選択する方法もあり得ます。

直接宛先欄に入力しても構いません。


 

[15].入力欄の右端の小さなアイコンをタップします。


[16].お友達の名前をスクロールさせて探します。

[17].送るべきお友達の名前をタップします。

[18].メールアドレスを選択しタップします。

相手がDocomoメールの場合でも、ファイルが壊れるので、選択しないでください。


[19].送信アイコンをタップします。

[20].件名は「ファイ名+Tracking」として送信されます。

  Back